残業の多くない会社にマネージャー候補として転職

S.Yさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
情報・通信会社
職 種 /
経理
年 収 /
360万円

転職後

勤務先 /
システム開発会社
職 種 /
経理
年 収 /
470万円

POINT 転職成功のポイント

年次決算や法人税申告書作成、監査対応を経験していた

エージェントが登録者の性格にマッチする会社を紹介

直属の上司になるグループリーダーとの面接を実施

経理の経験が豊富なため多数の求人に応募可能

Yさんは税理士事務所に勤務した後、上場企業に転職。そこで年次決算や法人税・消費税申告書作成、監査対応などの経理業務を一通り経験しました。ただ同社は残業が多く、また上司との関係もぎくしゃくするようになったため、Yさんは退職を決意。当社にご登録されました。

転職先に対するYさんの希望は、残業がさほど多くない職場であることと、前職の会社で培った上場企業にける経理業務の経験を生かせること。また首都圏の郊外に自宅があったため、そこから通える範囲内であることも条件に挙げていました。Yさんは30代前半という年齢に対して豊富な経理経験を持っていたため、紹介できる会社はたくさんありました。

オープンな社風が登録者の性格に合うと判断

そんな中で私がイチ押しで紹介したのが、ジャスダックに上場しているシステム開発会社でした。理由は社風です。Yさんはざっくばらんな性格で、思ったことをはっきりと口にするタイプだったため、転職先の会社が開放的な雰囲気であれば、Yさんの性格に非常に合うと考えたのです。

その点、Yさんに同社は、私が初めて求人のヒアリングに訪ねた時から、採用担当者が会社の状況や課題を包み隠さず話してくれるなど、かなりオープンな雰囲気の会社でした。また残業時間が少なく、Yさんの上場企業での経験を生かせる職場でもあります。Sさんが転職先に求める条件と合致していました。

マネージャー候補になれる人材として高い評価を受ける

「この会社なら、Yさんとの相性はぴったりではないか」という私の予想は当たりました。1次面接が終わった時点で、Yさんは「すごく働きやすそうな会社ですね」という感想を述べていました。大きかったのは、面接の場に人事部長や経理部長とともに、入社後には直属の上司になるグループリーダーにも同席してもらったこと。面接ではこの3人とYさんとの間で、かなり親しみが持てるやり取りができたみたいで、それによってYさんの志望度も大きく上がったのでした。

一方会社側も、Yさんをマネージャー候補になれる人材として高く評価。Yさんの自宅が会社から少し遠い距離にあることを考慮して、新幹線通勤での交通費の支給を認めるという条件を提示してくれました。Yさんがこの新しい職場で活躍していくことを期待しています。

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号