日常的な経理業務の経験のみで上場企業に転職

S.Hさん  40代以上  女性  
経理

転職前

勤務先 /
販売業
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
飲食業
職 種 /
経理
年 収 /
400万円

POINT 転職成功のポイント

転職活動をしても成果が出ずエージェントに依頼

腰を据えて長く働く経験者の魅力を転職先に訴求

意欲とコミュニケーション力が評価されて採用を勝ち取る

転職活動が長引く中で状況を変えるために当社に登録

Hさんは40代前半の女性で、短大卒業後5つの職場で働いてきました。直近で勤務していた会社は、経理処理における会社の姿勢に不信感を抱いて退職。新たな勤務先を求めて転職活動を開始しました。これまで中小企業で日常的な経理業務を担当してきたため、転職先としては、同じような環境で同様の仕事ができる会社を希望していました。

しかし、何社かの人材紹介会社に登録して転職活動を始めたものの、結果は思わしくありません。年齢に比して、日常的な経理業務の経験しかないことが、スキル不足とみなされたからです。またHさんは、家庭の事情もあり「年収350万円以上」を条件としていたこともネックとなっていました。転職活動が長引く中で、Hさんは状況を変えるべく当社に登録されました。

若手ではなく中堅以上を採用することを会社に提案

Sさんに紹介したのは、外食チェーン店を展開する東証一部の上場企業。Hさんは中小企業での日常的な経理業務を希望していましたが、それは「自分の経験やスキルを考えるとそれ以上の仕事はできない」と自身で判断していたからでした。そのため、私が同社を案内したところ、「私が上場企業に挑戦できるのでしょうか?」と驚いていました。

一方会社側は、当初は若手の経理スタッフを希望していました。しかし、年間休日数が他の上場企業と比べて少ないことなどが原因となり、なかなか人材を獲得できずにいました。そこで私は、同社に「若手は、スキルが付いた時点で転職してしまう可能性が高いものです。腰を据えて長く働いてもらいたいなら、中堅以上を採用するのも手です」と提案。これが受け入れられて、Hさんの面接が実現しました。Hさんは日常的な経理の経験しかありませんが、その点については、同社から「育成を得意としているから問題ありません。しっかりと育てます」という回答がありました。

面接本番では転職に対する本気度を前面にアピール

面接では、いかに会社側に「長く働いてもらえそうだ」と感じてもらえるかが鍵を握ると考えました。そこで本番前の対策では、「自身の本気度を会社に伝えてください」とHさんにアドバイス。そして「入社後に自分をどのように成長させて、どう会社に貢献したいと考えているか」をHさんと一緒に整理した上で、本番に臨みました。

面接後、朗報が届きました。会社側はHさんの意欲とコミュニケーション力の高さを高く評価し、採用を決めてくれました。年収もHさんの希望通りの350万円以上。Hさんがこの新しい職場で、ステップアップを実現していくことを願っています。

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号