福利厚生を重視して事務所から事業会社に転職

K.Yさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
600万円

転職後

勤務先 /
小売業
職 種 /
経理
年 収 /
550万円

POINT 転職成功のポイント

長く働ける環境を求めて事業会社に狙いを定めた

事前に会社のことをしっかり調べた上で面接に臨んだ

先方の人事部長のバックアップを得て社長面接をクリア

年収よりも福利厚生が充実していることを優先

Yさんは働きながら税理士試験の勉強を続け、5科目合格を果たした努力家です。これまで、税理士事務所や税理士法人に勤めてきましたが、業務は激務で、長く働き続けることに不安を感じていました。そこで、福利厚生が充実しており、ワークライフバランスを実現しやすい事業会社に転職するために、当社にご登録されました。

転職先に対するYさんの第一条件は、社員の定着率が高く、安心して長く働ける職場であること。この希望がかなうのなら、年収はダウンしても構わないと考えていました。

Yさんの転職市場における強みは、何といっても税理士の有資格者であること。多くの会社では税務を担える人材が手薄で、税務申告業務を事務所に外注しているところが多いのが現状です。そんな中で「税務も自社内でやりたい」と考えている会社にとっては、Yさんのような人材は非常に魅力的に映ります。

自己主張がうまくできず面接が苦手

Yさんに紹介したのは、全国に携帯ショップを展開する小売業の会社。上場子会社で、経営の安定性が高く、福利厚生も充実しており、Yさんの希望にマッチしていました。

同社は当初、税理士の採用は想定していませんでした。なぜなら、税務に強い人材が採れるとは思っていなかったからです。そこで、私から先方の担当者にYさんのことを紹介し、面接が実現しました。

Yさんは、自己主張がうまくできず、面接に苦手意識を抱いていました。そこで私は、「会社についてしっかりと調べた上で面接に臨めば、自信を持って相手の質問に答えられます。こちらからも質問もできるようになります」とアドバイスしました。

他社の選考も最終面接まで進んでいた

1次面接の結果、先方はYさんに対して「おとなしい」という印象を抱いた一方、Yさんの誠実な人柄と税務に関する知識を評価。また、筆記試験の成績も非常に高かったようで、Yさんを採用したいと考えた人事部長から、社長が出席する最終面接対策のために、オファー面談を先に実施する提案がありました。

実はYさんはこの時点で、他社の選考も最終面接まで進んでいました。そこで、私はYさんに「他社でも最終まで進んでいることは、隠すことではありません。それだけYさんが魅力的な人材であるという証拠でもありますから、オファー面談時に人事部長に伝えてください」と話しました。転職活動では、こうした駆け引きも大切です。

人事部長が強力に後押ししてくれた効果もあって、最終面接も突破。Yさんは内定を得ることができました。

担当エージェント

エージェント紹介

大手金融機関一社で営業・営業統括・審査部門を経験し、その後弊社に入社。スピーディーでこまやかなフォローはご登録者・企業ともに信頼が厚い。取締役クラスから直接依頼を受ける求人も多く、意思決定者に直接推薦出来るネットワークが強み。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号