正社員の経験がない状態から上場企業に転職

M.Mさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
人材サービス業
職 種 /
経理
年 収 /
300万円

転職後

勤務先 /
インターネットコンテンツ事業
職 種 /
経理
年 収 /
330万円

POINT 転職成功のポイント

派遣社員としてスキルアップしてから、上場企業の正社員を目指した

ハードワークをいとわない若手を求めている企業を紹介

登録者の長所を先方に伝えるために、エージェントが推薦状に工夫を凝らす

激務をこなすことで日常的な経理業務を習熟

学生時代から公務員になることを目指してきたものの不採用になり、公務員の道を諦めたMさん。ならばと、専門学校卒業後、進むべき道を経理職に変え、人材サービス業の会社で派遣社員として働いてきました。

Mさんはその会社で、毎月の残業時間が100時間程度に達する働き方を2年近く続けていました。激務をこなすうちに日常的な経理業務についてはほぼ習熟し、より自分を高めたいと考えるように。しかし今の派遣先では、これ以上のキャリアアップは望めず、正社員としてキャリアアップすることを目指して、当社に登録されました。Mさんの希望は、「上場企業の経理を経験したい」というものでした。その希望がかなうのなら、たとえ激務になったとしても構わないとのことでした。

スキルの高さよりも成長意欲が高い若手が求められる

Mさんは日商簿記2級の資格を持っていますが、正社員の経験はありません。第二新卒の採用が見込める20代前半であっても、上場企業の案件は多くありません。私が紹介できたのは、EC事業などを展開している上場会社です。同社はさまざまな事業を展開しており、最近では事業部を子会社化してホールディングス体制に移行。これに伴い経理の業務が増大、新たなスタッフを求めていました。高度な決算業務については以前からいるスタッフで対応し、他の業務は意欲のある若手を育てながらこなしていきたいとの考えから、求人を出していました。

同社は採用に苦戦していました。経理の業務量に人員が追いついていないため、入社すると激務が待ち受けています。そのためワークライフバランスを重視する人からは敬遠されていたのです。しかし、Mさんは「上場企業で経理スキルが磨けるのならハードワークでも構わない」と、応募を決断しました。

2回の面接の予定が「一発採用」

Mさんのアピールポイントは、前職の会社で100時間程度の残業が続いても意欲を持ち続けた高いストレス耐性と強い成長意欲。これは同社が求める人材像と一致しています。しかし、ストレス耐性や意欲は、履歴書や職務経歴書だけでは伝わりません。そこで私は推薦状に、Mさんの良さをアピールする一文を添えることにしました。書類審査さえ通過して面接にたどり着ければ、きっとMさんは先方のお眼鏡にかなうはずだという思いがありました。

結果は無事に書類審査をクリア。そして迎えた面接では、2回行われるはずが、何と一次面接だけで採用が決まりました。まさに私のにらんだ通りでした。今、Mさんは同社で働き始めています。先日も「元気にやっています」というメールがありました。多少ハードな環境でも意欲を持って働いているMさんの姿が思い浮かびます。

担当エージェント

エージェント紹介

国立大学に入学するも2日目に退学を決意。IT系の起業に挑戦したのち、結婚を機に24歳のときに賃貸マンション・アパートの仲介を主業務とする不動産会社に営業職として入社。社内トップクラスの成績を収めた後にジャスネットに転職する。登録者の悩みや思いに耳を傾け、寄り添いながら転職のサポートをしていけるエージェントになることを目指しており、実際に多くの転職者から感謝の手紙が寄せられている。

【専門領域】
・不動産、建築・土木
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号