30代半ば、上場企業に転職できるラストチャンスをつかむ

S.Eさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
建設会社
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
小売会社
職 種 /
経理
年 収 /
420万円

POINT 転職成功のポイント

経歴や年齢で上場企業への転職を諦めない

地方や遠距離移動が発生する求人を狙う

面接本番に備えて雰囲気や内容に関する情報を得て準備する

エージェントが上場企業への転職の道をつくる

Eさんは大学卒業後、家族の介護のために地元に戻って働いていました。やがて介護も一段落。また勤めていた会社が業績不振に陥ったこともあり、転職を考えるようになりました。もともとEさんは地元志向が強いわけではなく「経理関係の求人が多い地域は東京」という考えから、東京での転職を希望して当社にご登録されました。

東京には、上場企業の求人が集まっていますが、転職先に対するEさんの希望の中に「上場企業」はなく、あるのは「スキルアップを図れる職場」といった漠然としたものでした。Eさんは契約社員として働いていた期間が長く、また正社員として働いていた職場も中小企業のみ。その上、30代半ばに差し掛かっているという状況から「これから上場企業に転職するのは無理だ」と思い込んでしまったようです。

しかし私は「ラストチャンスではあるものの、Eさんが上場企業に転職できる可能性はある」と捉えました。

東京と名古屋の2拠点を往復する生活をポジティブに

経理の業務は、上場企業と未上場企業では深められるスキルが全く異なってきます。もし、Eさんが上場企業への転職を実現すれば、金融商品取引法に基づいた会計処理や連結決算、開示業務のスキルを身に付けることができます。これらのスキルがあれば、次の転職でさらにキャリアアップを図ることも可能になるでしょう。

そう考えた私がEさんに紹介したのが、上場企業である大手小売会社です。同社は、決算までの基本的な経理業務の経験があり、将来のリーダー候補になれる人材を求めていました。

この求人であれば、Eさんの経験やスキルでも書類審査を突破可能。ただし一つだけSさんに事前に了承いただかなければいけない条件がありました。それは、東京と名古屋の2拠点を往復する生活になるということ。Eさんは、その条件を「旅行気分が味わえて、むしろ楽しそうです」とポジティブに捉えました。

得意な英語を生かせる老舗と上場企業のどちらを選ぶべきか

同社には、以前にも当社から登録者を紹介したことがあり、面接の雰囲気や質疑応答の内容については、おおよそ把握していました。そこで、Eさんには「面接は淡々と進み、時間もさほど長くありません。盛り上がらなくても不安に感じなくて大丈夫です」と伝え、面接時に余計な緊張をしないで済むようにアドバイス。その結果、Eさんは面接官の問い掛けに落ち着いて答えることができ、無事内定を得ることができました。実はEさんは同時期に、老舗の中小メーカーの内定も得ていました。その会社は海外の取引が多く、英語が得意なEさんは、どちらの会社を選ぶかかなり迷っていました。最終的には、大手小売会社も海外進出を積極的に展開していること、上場企業の経理業務を一から学べるチャンスは限りなく少ないことから、大手小売会社への転職を決断。後日、Eさんから「私の経歴で上場会社に転職できるとは、本当に思っていませんでした」と、感謝の言葉が届きました。

担当エージェント

エージェント紹介

エージェント 荻野 望
荻野 望

都市銀行、会計系のソフトウェア会社営業職を経て当社に転職。日商簿記検定1級の資格を持ち、かつては公認会計士の資格取得を目指していた時期もある。経理や会計に関する専門知識を持ったエージェントとして、企業側、登録者側の双方が満足する、より良いマッチングの実現を目指している。

【専門領域】
・IT、人材ビジネス、金融
・ベンチャー企業、上場企業、株式公開準備


経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号