求人数が急減する40代後半からの転職をクリア

S.Kさん  40代以上  男性  
経理

転職前

勤務先 /
専門商社
職 種 /
経理
年 収 /
530万円

転職後

勤務先 /
IT系コンサルティング会社
職 種 /
経理
年 収 /
600万円

POINT 転職成功のポイント

年収について高望みせずに現状維持も視野に入れ活動

最終面接では求められた意見に対して簡潔に回答

エージェントが登録者の個性に合った会社をチョイス

経営が安定し、残業時間が少ない会社を希望

Kさんは40代後半の男性です。専門商社で経理部門のマネージャー職を務めていました。経理部門は業務が多忙を極めており、残業や休日出勤が常態化。あまりの忙しさから退職する人が相次ぎ、人手不足からさらに多忙になるという負のスパイラルに陥っていました。Kさんは、「このままでは定年まで働き続けるのは難しい」と考え、当社に登録されました。

そのためKさんの転職先に対する希望は、残業時間が少ない会社であることが一番。またこれを最後の転職にしたいとの考えもあり、経営の安定性も求めていました。年収については「上がるのならうれしいが、現状維持でも構わない」という意識で臨むことになりました。

面接でしゃべり過ぎてマイナス評価に?

Kさんは管理会計やマネジメントの経験も豊富で、年齢相応のスキルを持っています。転職先についても決して高望みをしているわけではありません。しかしKさんのような方でも、40代後半になると求人の数は激減、紹介できる会社は限られてしまうのが現実です。

また、Kさんには、普段から冗舌すぎるという問題がありました。一般に経営層はミドルマネジャークラスに対して、簡潔明瞭な報告を求める傾向が強いのですが、Kさんは最終面接でしゃべりすぎ、それがマイナス評価につながっていました。そのため、せっかく一次面接や二次面接は突破しても、社長や役員が出席する最終面接で見送りになるケースが続いていました。

弁が立つことを武器にできる事業会社を紹介

そうした中で、「ここならKさんに合うのではないか」と紹介したのが、IT系のコンサルティング会社です。同社は営業スタッフに弁が立つ人が多く、経理部門として彼らと渡り合うため、しっかりと自己主張できる人材を求めていました。まさにKさんは適任。Kさんに紹介したところ、「面白そうな事業をやっている会社ですね」と事業内容に関心を示し、応募することになりました。

こうした私の読みは、ずばり的中。先方の管理部長と営業部長が出席した一次面接で、Kさんはすっかり意気投合しました。その場で「ぜひうちに来てください」「入社したいです」という話になったというのです。

問題は社長が出席する最終面接。Kさんには事前に「自分の意見は持ちつつも、それを全面展開するのではなく、社長から意見を求められたときに簡潔に答えるように心掛けてください」とアドバイスしました。Kさんもその点を強く意識して面接に臨み、内定を得ることができました。

Kさんの個性に合った会社を紹介できたことが、今回の成約に結び付いた一番の理由ではないかと思います。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、大手広告系企業にて法人営業を担当。その後、企業と求職者の『出会い』・『きっかけ』に関わりたいという想いで、弊社へ。企業に対しても、求職者に対しても、常に『パートナー』であることを心がけ、スピード感を意識しながら、双方に伴走するスタイルを得意とする。業界は問わず、幅広く対応できるのも強み。

【専門領域】
・IT、メーカー(ファッション・アパレル)、流通・小売
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業


経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号