経理職から経営企画職への転職を実現

M.Rさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
不動産会社
職 種 /
経理
年 収 /
400万円

転職後

勤務先 /
化学メーカー
職 種 /
経営企画
年 収 /
500万円

POINT 転職成功のポイント

良好なワークライフバランス実現のために3回目の転職を決意

経営企画職を紹介したところ興味を持ち志望を固める

転職回数の多さを面接対策でカバー

残業時間が少なく経営が安定している会社を希望

30代前半のRさんは、大学院卒業後、1社目に営業職で入社しました。働くうちに経理の仕事に興味を持ち、経理職を希望して2社目に転職。そこで1年半ほど働いた後、IPOを目指して準備を進めていた3社目に移られました。

そんなRさんが再び転職を決意したのは、100時間を超える残業があり、良好なワークライフバランスを実現できないことに加えて、入社当初はIPOを目指すなど好調だった業績が低迷し、経営が傾いてきたことが理由です。

そんな経験から転職先に対する希望は、間もなく子どもが生まれることもあり家族と過ごせる時間を確保できること、そして経営が安定していて長く働けることでした。

部署間にまたがる課題を解決してきた経験をアピール

Rさんへのヒアリングを進めていくと、経理職の中でも、数字を扱って会社の経営を改善していくような仕事に興味を持っていることが判明。そこで、東証一部上場の化学メーカーの経営企画の求人を紹介しました。

一方、同社が求めていたのは、退職することが決定している40代前半の公認会計士の代わりを務められる人材。専門的な視点で数字を分析する力だけでなく、関係部署と協議を重ねながら方向性を定めていくことができるコミュニケーション力も備えた人という条件でした。Rさんは、公認会計士の資格を持っていません。しかし、前職までの会社でシステムの構築、運用のマネジメント、財務・経理業務を通じて、各部署にまたがる課題を解決する経験を積んでいます。そのことを同社の採用担当者にアピールしたところ、面接が実現しました。

会社側の懸念点を払い去るために面接対策を練る

今回の案件でネックとなったのは、Rさんの転職回数の多さでした。一次面接は、Rさんの人柄が高く評価されて通過。しかし、採用担当者は「うちで長く働いてくれるのか」ということをかなり気にしていました。さらに「当社で何がやりたいのか見えてこない。キャリアプランを固めた上で、二次面接を受けてほしい」というフィードバックがありました。

先方が抱いたこの懸念点を払拭できない限り、二次面接は通過できません。そこで私は、Rさんに、同社で長く働き続けることで成長していきたいという意思が伝わるようなキャリアプランを準備することをアドバイスしました。Rさんは、アドバイス通りに準備し、二次面接でキャリアプランを披露。その結果、採用担当者の信頼を勝ち取り、内定を得ることができました。先方のフィードバックを受け、二次面接の対策をしっかりと練ったことが転職の成功につながったのだと思います。

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号