事務所での経理経験を生かし転職で年収アップ

R.Iさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
税務会計事務所
職 種 /
税務会計
年 収 /
200万円

転職後

勤務先 /
IT会社
職 種 /
経理
年 収 /
410万円

POINT 転職成功のポイント

年収アップとスキルアップを求めて転職活動を開始

20代前半で事務所での経理経験があることが好評価

企業研究をして自分も選べる立場だと思うようアドバイス

転職先は従業員数100名以上の一般事業会社を希望

20代前半のIさんは、経理や税務についての経験を積むために税務会計事務所で働いていました。そこは小さな事務所だったこともあり、クライアントも中小零細企業が中心。これ以上勤め続けても、業務の幅が広がらないと感じていました。また年収が極端に低かったため、年収アップを望む気持ちも強くあり、転職を決意しました。

Iさんの希望としては、次は事務所ではなく一般事業会社で、できれば従業員が100名以上いて、経営スタッフが3名以上いる会社が好ましいとのことでした。また年収は50万円~100万円程度のアップを希望していました。

そこでIさんに紹介したのは、東京都心にあるIT会社です。同社は20代の若手を求めていましたが、「全くの未経験者ではなく経理経験があること」を条件としており、Iさんは条件に合致していました。

面接を経験するうちに堂々と受け答えができるように

私が「Iさんがぴったりだ」と思ったのは、Iさんが事務所経験者だったからです。一般的に新卒で事業会社の経理部に配属になると、最初の1年ぐらいは日常の経理業務が中心になるため経理スキルはあまり身に付きません。一方、事務所であれば、さまざまなクライアントの月次決算や年次決算などの会計業務に携わることになり、事業会社よりも経理スキルが身に付きます。

同社は、経理スキル以外ではコミュニケーション力のある人を求めていました。Iさんは登録に来られた時点では、おとなしくて臨機応変な返答があまり上手とは言えないと感じるところがありました。しかし、Iさんは応募意欲が旺盛で、紹介したIT会社以外にも何社も書類を出し、面接を経験していきました。面接を重ねていくにつれ、堂々とした受け答えができるように変わっていきました。

選考は受ける側も選べるとアドバイスして緊張をほぐす

同社の面接は三次にわたって行われ、一次は人事課長、二次は経理課長、三次は代表が出てきます。一次では人物面、二次はスキル面、三次は会社の社風に合う人物かどうかが見られます。Iさんにはこうした情報をあらかじめ伝えた上で、面接に臨んでもらいました。

またアガリ症対策として、「面接は向こうがこちらを選ぶ場であると同時に、こちらが向こうを選ぶ場でもあります。お互いに対等な立場なのですから、極端に緊張する必要はありません」とアドバイスしました。そのアドバイスが功を奏したのか、面接が終わった後に、Iさんから「緊張せずに伝えたいことが言えました」という連絡がありました。

面接は三次まで順調に進み、Iさんは無事内定を得ることができました。年収は当初の希望以上の200万円以上のアップを実現。Iさんはとても喜んでいました。

担当エージェント

エージェント紹介

大手金融機関一社で営業・営業統括・審査部門を経験し、その後弊社に入社。スピーディーでこまやかなフォローはご登録者・企業ともに信頼が厚い。取締役クラスから直接依頼を受ける求人も多く、意思決定者に直接推薦出来るネットワークが強み。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号