経理スキルを十分に生かせない職場からの転職

Y.Kさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
専門商社
職 種 /
経理
年 収 /
500万円

転職後

勤務先 /
化学メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
600万円

POINT この転職のポイント

経理スキルを生かし高められる職場へ転職

上場企業で求められる経理スキルを磨ける会社を紹介

他社内定保留対策として企業と交渉し無事内定

昇進より経理スキルを磨くことを選択

東証一部上場企業の経理部に勤めていたKさんは、本社から地方の支店に異動になりました。しかし、その支店には、本社で求められるような難度の高い経理業務はなく、Kさんは経理スキルを十分に発揮できずにいました。異動に伴い役職は上がりましたが、本社に戻れるのは数年先のこと。しかも経理部に配属になるかどうかは分かりません。Kさんは、将来は経営企画部などの部署で働きたいという思いを持っていたため、それに向けて経理スキルを磨ける職場を求めて転職活動を開始しました。

Kさんが希望した転職先は、東証一部上場企業。また「難易度の高い仕事があり経理スキルを磨ける職場」であることも条件としていました。

将来のキャリアパスも用意されている会社を紹介

そんなKさんに紹介したのは、大手化学メーカーです。同社の経理部では、主担当で単体決算を2、3年経験したら、次は税務の主担当を2、3年経験するというように、ローテーション制を採用しています。一通りローテーションを経験すれば、それぞれの経理業務について深いレベルで精通することができます。「難易度の高い仕事があり経理スキルを磨ける職場」というKさんの希望に合致していました。

また、経理部で経験を積んだのちに、経営企画部勤務や海外勤務などのキャリアパスも用意されており、将来Kさんが経理スキルを生かして新しい業務に挑戦したいと思ったときに、実現しやすい職場でもありました。

他社内定状態で企業に条件面提示を交渉

Kさんは、課題発見・解決能力や経理スキルが高く、協調しながら仕事を進めることもできる方です。面接はトントン拍子で進み、二次面接終了後に口頭で内定の通知を得ることができました。

しかし、Kさんは、大手化学メーカー以外に大手食品メーカーにも応募しており、すでに内定が出ていました。内定保留状態ではありましたが、大手化学メーカーの二次面接直後のタイミングに、大手食品メーカーが「明日までに返事をくれ」と内定受領かどうかの返答を求めてきました。私が紹介した大手化学メーカーからは、口頭での内定通知をいただいた状態です。年収や福利厚生などの具体的な条件については、まだ提示はありませんでした。そこで私は急いで担当者に連絡をして事情を説明し、すぐに条件面を詰めてもらうようお願いしました。その日の夜中まで担当者とやり取りをし、Kさんに条件をお伝えすることができました。その結果Kさんは、条件面にも満足し大手化学メーカーに入社されました。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二