CFO直下で学べる案件を紹介し無事内定を得る

Y.Yさん  30代  男性  
コンサルタント

転職前

勤務先 /
税理士事務所
職 種 /
税務補助
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
飲食業
職 種 /
経営企画職
年 収 /
360万円

POINT 転職成功のポイント

「誰かの役に立つ仕事がしたい」と転職活動を始めるが苦戦

企業の求める人材と登録者の適性が合うと予測して紹介

二次面接までにCFOが出した宿題の課題を見つける

業務体制や内容に違和感を覚え転職を決意

Yさんは販売業務に携わった後に、税理士事務所に転職。事務所では2年間ほど税理士補助業務を行っていました。

しかし、「顧客から損害賠償をされたときには、会社ではなく社員本人が支払う」といった社内のルールがいくつもあり、事務所の体制に疑問を抱くようになりました。また、代表からは「クライアントとのトラブルを避けるために、相談は必要以上に受けてはいけない。契約している業務のみをこなせばいい」と指導されていました。「仕事を通じて誰かの役に立ちたい」という思いの強いYさんにはつらい会社でした。

そこで転職活動を開始しましたが、年齢に対して経験が浅く、スキルもけっして高くなかったため、苦戦していました。

CFOは愛情を込めてゼロから指導できる人材を求めていた

Yさんに紹介したのは、少し変わった求人でした。居酒屋チェーン店を経営する会社のCFOが、自分の直下で働いてくれる社員を探していたのです。CFOのサポートをしながら、財務に関するスキルをゼロから身に付け、やがて経営企画室長として一本立ちさせたいというものでした。そのために、資料集めや資料集計といった雑用から取り組める人材を求めていました。

一般的な経理職の求人と異なり、転職後の業務内容が見えにくいことが難点でしたが、同社は20年以上にわたり黒字を出し続けており、経営は安定しています。また近い将来に上場を予定していました。CFOは「愛情を込めて指導します。ガッツがある人が欲しいです」と話しており、CFOとの相性さえ合えば、成長できる環境が期待できます。Yさんは、応募を決めました。

「上場するとはどういうことか」という宿題

私は当初から、この案件はYさんに合うのではないかと考えていました。Yさんの誰かのために役に立ちたいという思いと、CFOの愛情を込めて育てたいという思いが一致すれば、2人は「良き師弟関係」を築けるのではないかと考えたのです。

実際、面接を行うと、2人は意気投合。相性が合うだけでなく、育った環境にも共通点がありました。そこで、CFOは、副社長も同席する二次面接に向けて、Yさんに宿題を出しました。それは「上場するとはどういうことか、あなたの考えを教えてください」というものです。上場の意味を理解していないと、片腕として働いてもらうことは難しいとCFOは考えたのです。この宿題に対して、私はYさんとメールで何度も連絡をとり、答えを見つけるサポートをしました。そして迎えた二次面接、YさんはCFOが納得する答えを出せたようです。Yさんは今この会社で元気に働いています。

担当エージェント

エージェント紹介

国立大学に入学するも2日目に退学を決意。IT系の起業に挑戦したのち、結婚を機に24歳のときに賃貸マンション・アパートの仲介を主業務とする不動産会社に営業職として入社。社内トップクラスの成績を収めた後にジャスネットに転職する。登録者の悩みや思いに耳を傾け、寄り添いながら転職のサポートをしていけるエージェントになることを目指しており、実際に多くの転職者から感謝の手紙が寄せられている。

【専門領域】
・不動産、建築・土木
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


コンサルタントの転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号