新規登録 求人検索

コンサルタント 30代の転職成功事例

プランの実行まで見届けるコンサルタントへの道がスタートv

S.Gさん 30代 男性のイメージ

S.Gさん30代男性

転職前
  • 勤務先コンサルティングファーム
  • 職 種財務・戦略コンサルタント、経理アウトソーシング
  • 年 収450万円
転職後
  • 勤務先コンサルティングファーム
  • 職 種財務・戦略コンサルタント、経理アウトソーシング
  • 年 収480万円

POINT転職成功のポイント

  • 実効性のあるコンサルティングをするために転職を希望
  • マネジメント力などこれまで積み重ねたスキルが評価された

コンサルティングとアウトソーシング両事業部を兼任して経験を積む

今回ご紹介するGさんは、大学時代のアルバイトをきっかけに「中小企業の経営をサポートしたい」と考えてコンサルティングファームに就職しました。7年にわたり、事業計画策定、新規開業支援など経営コンサルティングに従事したことで、「会計・税務的な知識はもちろん、経営者とのコミュニケーション力が磨かれました」。

直近の2年はアウトソーシング事業部を兼任し、経理実務だけでなく、導入段階での取りまとめや、進捗確認、クライアントとの折衝をリーダーとして担当し、「会計や労務の幅広い知識とともに、マネジメント力を付けることができました」とおっしゃるGさん。着実にキャリアを積んでこられました。

コンサルタントとしてもっと実力を伸ばしたいと考えていたGさんですが、アウトソーシング事業部の仕事を任されているため望むようにはできずにいました。さらに、「経営戦略を立てて終わるコンサルティングではなく、より実効性のあるコンサルティングをしていきたい」と考えるようになり、転職を決意しました。

希望にマッチした名古屋の中堅コンサルティングファームに応募

「Gさんがイメージしていたのは、プランの立案、提案までの“戦略コンサルタント”ではなく、提案したプランを実行に移すまでトータルでアドバイスするコンサルタントです」。担当エージェントはGさんの思いをとらえるため丹念にヒアリングしました。
「たとえば社内の業務フローを提案した場合、実際に現場でやってみると不都合が生じたり、人的な反発があることも。そうなれば改善案を出して、実際に現場で機能するまでを見届けたいと望んでいらっしゃいました」

エージェントはGさんには全体が見渡せる規模の会社が合うと考え、名古屋市にある中堅コンサルティングファームをご紹介しました。中小企業の経営課題を発掘するところから、解決策の提案、事業計画の策定及びモニタリングまで通して支援をしていく会社です。

これまでのキャリアが評価され、第一志望の会社に合格

こちらの会社では一次面接を支社長が担当することになっています。応募の段階からこちらを第一志望にしていたGさん、一次面接のあと、「より一層、第一志望になりました」。

「支社長はGさんに、『うちは税理士資格を持っているとかいないとか、資格で左右される仕事はしていません。あらゆる立場の専門家が集まって、クライアントに総合的なサービスを提供しています』とおっしゃったそうです。最後に支社長から『一緒にやっていこうよ』と声を掛けられたことに感激されていました」とエージェント。

「会社側でも、『実効性のあるサポートをしていきたい』というマインドを持ったGさんに惚れ込んだようです」。加えて、実務はもちろんマネジメント力やコミュニケーション力もしっかり身に付けていることなど、これまでの経験が評価され採用が決まりました。
晴れて第一志望の会社へ入社することになったGさん、クライアントの経営をトータルでサポートできる頼もしいコンサルタントになられるでしょう。

コンサルタントの転職事例 最新記事

年収診断 年収診断