海外とかかわることのできる環境の税理士法人へ

H.Oさん  20代  女性  
コンサルタント

転職前

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税理士補助業務(内勤)
年 収 /
300万円

転職後

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税理士補助業務
年 収 /
310万円

POINT この転職のポイント

税務のスキルアップと、海外の企業にかかわれる環境を希望

海外クライアントが多い大阪市の税理士法人をご紹介

初めての就職活動となるため面接対策はしっかりと

海外旅行へも一人で行くほど外国が好きで、将来の目標は国際税務

出身は東海、大学は北陸、就職したのは関西というOさんは、趣味の海外旅行にも一人で行くアクティブな方。
大学在学中に日商簿記1級を取得し、さらに専門性を磨くため税理士を目指すことにしたOさん。卒業後は教授の紹介で税理士法人に入所し、貸借対照表・損益計算書の作成、個人・法人の確定申告書の作成などの業務に携わりながら、税理士試験の簿記論、財務諸表論、消費税法に合格しました。

税理士試験のうち、残るは法人税、消費税の2科目となったOさんは、「今のところ英語は得意ではないけれど、海外とやり取りができる環境でスキルを磨き、将来は国際税務にも携わりたい」と、試験が終わるタイミングでの転職を希望して弊社にご登録いただきました。

初めて弊社で面談した際には、移転価格税制を志望

「今より大きな規模の仕事でスキルアップしたい」「外国とかかわる仕事がしたい」と望むOさんは、担当エージェントと初めて面談したとき、国際移転価格税制を希望されていました。
Oさんの希望を十分に理解した上で、もう少し実務を積んでから国際税務を目指しても遅くないと考えたエージェント。Oさんと一緒にキャリアパスを考えながら希望と現実を調整し、大阪市にある税理士法人をご紹介しました。

こちらの法人は通常の税務業務以外にコンサルティングにも力を入れていて、経営コンサルティングや企業再生、事業承継など業務は多彩。クライアントには海外から日本に進出する企業も多く、起業支援も手掛けているため、海外に対して強い関心を持っている方を採用したいとお考えでした。

「外国人と日本人は文化や考え方が違いますので、『日本では当たり前のことなのに』と言われても外国の方には通じません。仕事には通訳が付くため語学は必須ではありませんが、異文化を受け入れ、相手を理解しようという姿勢がないとうまくいかないのは当然ですよね」とエージェント。

Oさんの理想とする国際税務ではありませんが、有資格者や外国人スタッフもいる環境のもと、希望に近い業務に携わりながらキャリアアップすることができます。

エージェントはOさんが日商簿記1級に加え税理士試験も3科目取得しており、実務経験も積んでスキルのベースはできていることを伝え、さらに「教授に紹介されて縁もゆかりもない大阪で就職するフットワークの良さ、好きな海外へ一人で旅行に行けるアクティブさは御社の求めている人材ですよ」とプッシュし、面接が決まりました。

関西では珍しい、海外のクライアントの多い税理士法人をご紹介できた

新卒時に教授の紹介で就職しているOさんは就職活動自体が初めてとあって、エージェントは面接対策を行いました。
「税務の経験はまだ3年ですし、スキルよりも今後の可能性を感じさせることを意識して、Oさんの明るく素直な性格、そして若さを前面に出すようにしてください。海外に興味があるということをはっきりと告げるのも大切です」
面接の結果、Oさんは会社側から潜在能力の高さを認められ、採用が決まりました。

今回のマッチングのポイントを、「このタイミングで、海外と積極的に関与できるクライアントがあったこと」と言うエージェント。
「弊社では、BIG4以外にも海外クライアントとの業務を取り扱う中堅どころの事務所と数多くお付き合いいただいており、経験の少ないOさんのご希望にも応えることができました」

担当エージェント

エージェント紹介

プラントメーカーの営業経験、その後、創業したばかりのIT企業に転職をし、IPO、M&A、MBOを経験。 黎明期~再生期までの企業での勤務経験や、大手企業~ベンチャー企業までほぼ、全てのステージの企業における勤務経験がある。その後、人材業界へ。転職支援者は、3000名を超え、クライアントは、中小企業~外資系世界NO1企業まで多岐に渡る。

【専門領域】
・コンサルティングファーム(監査法人含む)、税理士法人・会計事務所


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

コンサルタントの転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号