苦手な面接を乗り切り内定を勝ち取ることに成功

T.Kさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
会計アウトソーシング会社
職 種 /
経理
年 収 /
250万円

転職後

勤務先 /
専門商社
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

POINT この転職のポイント

スキルアップと年収アップのために転職を決意

書類選考は通過しても面接で採用を見送られるケースが続く

向上心や意欲の高さを評価してもらうことで内定を勝ち取る

日常の経理業務が中心でスキルが高まらないことに不満

Kさんは大学卒業後、会計のアウトソーシング事業を展開している会社に就職しました。クライアント先の経理部に常駐し、経理業務を行う仕事に携わってきました。しかし、日常の経理業務が中心でスキルが高まっていかないことや、年収が伸びないことに次第に不満を感じるようになりました。そこでスキルアップと年収アップを求めて、転職活動を始めました。

当時Kさんは20代半ば。スキルは高くなくても、ポテンシャルを評価されての採用がまだ十分に可能な年齢です。当社からは10数社ほどKさんに紹介しました。
しかし、Kさんは転職活動に苦戦します。書類選考は通過しても、面接で不採用というケースが続いたのです。Kさんは知識欲や向上心は非常に高いのですが、少し気が弱いところもあり、面接時の面接官とのやりとりがうまくいかず、それが原因で採用を見送られてしまっていたのです。

面接が苦手であることをあらかじめ担当者に伝えた

苦戦している中、Kさんに紹介したのが、東証一部上場の専門商社です。同社は、未経験でも構わないので、若くて向上心がある人材を求めていました。
私は同社とは10年来の付き合いがあり、担当者との信頼関係も築けていました。そこで担当者に「Kさんは、向上心は非常に高いのですが、面接時にそれをうまく表現することが苦手です」と率直に伝えました。

このことにより、先方は普段以上に柔らく話し掛けるような一次面接をしてくれました。おかげでKさんも話しやすかったようで、担当者からは「確かに打たれ弱そうなところは見え隠れしたが、意欲は伝わってきました」という評価をいただきました。

よく見せる必要はなく等身大の自分で臨む

続く二次面接は、社長と会長によるものです。この面接が少し変わっていて、面接時には手書きの履歴書の提出を求められ、その手書きの文字が丁寧に書かれているかどうかを社長と会長は非常に重視します。そこでKさんに書いてもらった手書きの履歴書を、まずは採用担当者に見てもらい、「これなら大丈夫」というお墨付きをもらった上で、正式に提出するという流れを取りました。ここでも担当者との間で信頼関係ができていたことが功を奏しました。

Kさんには「圧迫面接をされるようなことはありませんから、必要以上に緊張せず、また必要以上に自分を良く見せようとせず。等身大の自分を相手に伝えるように心掛けてください」とアドバイスしました。

Kさんはその助言をしっかりと実行し、二次面接も無事通過。Kさんは見事内定を勝ち取ることができました。

担当エージェント

エージェント紹介

大手金融機関一社で営業・営業統括・審査部門を経験し、その後弊社に入社。スピーディーでこまやかなフォローはご登録者・企業ともに信頼が厚い。取締役クラスから直接依頼を受ける求人も多く、意思決定者に直接推薦出来るネットワークが強み。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二