管理部門ポジションへキャリアアップ転職

S.Kさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
商社
職 種 /
経理
年 収 /
600万円

転職後

勤務先 /
IT
職 種 /
管理部門マネージャー
年 収 /
600万円

POINT この転職のポイント

管理部門でジェネラリストとして働ける職場を希望

社員の定着率が高く職場の人間関係も良好な会社を紹介

登録者に転職先に関するきめ細かい情報を提供

ジェネラリスト志向の登録者に管理部長候補のポストを紹介

Kさんは非上場の商社で、10年近くにわたって経理職として働いてきました。経験もスキルも十分で、経理職であれば紹介できる会社はいくつもありました。しかしKさんは、経理の専門性を生かしつつも、管理部門全般を広く見ることができるジェネラリストとして活躍できる職場で働きたいという希望をお持ちでした。

そこでKさんに紹介したのは、広告会社が募集していた管理部長候補のポストです。同社は、現管理部長が1年後に定年で退職するため、引き継げる人材を探していました。ちなみに部長職といっても、全体でも社員数100人程度の小さな会社であるため、管理部の部下は2人。Kさんは前職の会社では経理課長を務めていたので、「数人のスタッフのマネジメントができる人材」という先方の条件を満たしていました。

職場の雰囲気などの内情を知れたことが安心につながった

同社をKさんに紹介したのは、「管理部門全般を広く見られるポジション」というKさんの希望に合致した案件だったからです。またKさんは社員の定着率や職場の雰囲気など、長く働ける職場であるかどうかを気にしていました。その点は、当社と同社は派遣業務部門でのつながりが深く、「定着率も高く、職場の人間関係も極めて良好」という内情を知っていたため、自信を持ってKさんに推すことができました。ちなみに管理部門の社員2人も、今では正社員ですが、元々は当社からの派遣社員だった方々です。

Kさんにお話ししたところ、自分の希望に合っているということで「応募したい」という返事がありました。現管理部長が1年かけてじっくりと引き継ぎをしてくれるということにも、安心感を抱いた様子でした。

会社側が求める人材像を面接前に登録者に伝える

先方の管理部長は、自分の後を託せる人材として「視野が広く、自分の責任範囲を限定しない人」や「スタッフに対して柔軟に対応できる人」を求めていました。Kさんには、こうした管理部長の希望を伝えした上で一次面接に臨んでもらいました。実際にKさんご自身、とてもコミュニケーションが高い方でしたし、ジェネラリスト志向で視野の広い方でもありましたから、面接の心配はしていませんでした。

一次面接の結果はわたしの予想通りでした。管理部長はKさんのことを高く評価したようで、「ぜひ採りたい」と連絡がきました。Kさんからも「管理部長の人柄も素晴らしいし、仕事の内容にも非常にやりがいを感じる」と返事がありました。二次の役員面接も問題なく通過し、内定を得ることができました。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、医療系専門商社で営業職として3年間勤めた後、エージェントに転職。業種を問わず、主に中小企業を担当。採用のミスマッチが起きないように、企業側に対しては登録者の人柄を、登録者に対しては会社の雰囲気を細かに伝えることを心掛けている。また採用決定後のアフターフォーローも大切にしている。

【専門領域】
・メーカー(医薬品、医療機器)、IT
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号