スキルアップできる商社子会社へ転職

U.Kさん  20代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
サービス業
職 種 /
経理
年 収 /
380万円

転職後

勤務先 /
商社
職 種 /
経理
年 収 /
480万円

POINT この転職のポイント

幅広い経理業務の経験が積める会社を希望

本人の希望に合致し、社風も合いそうな会社を紹介

面接後に現場の話が聞ける場を設定し、納得のうえ転職

将来的にはM&Aなどのプロジェクトにも関われる

Kさんは大学卒業後、バス会社グループのシェアードサービスを行う会社に経理職として就職。そこで経験を積んだ後に、レストランを運営する会社に転職しました。しかし、その会社は業務が細分化されており、スキルダウンを強いられる状態だったため「経理職として、もっと幅広い経験が積める会社で働きたい」と思い、転職を決意しました。

Kさんに紹介したのは、大手商社の子会社です。同社であれば、経理全般の業務に幅広く携わることができます。また、将来的には経理の知識をもとに、M&Aなどのプロジェクトに関わることも可能であり、向上心の強いKさんの要望に合致していました。さらに、産休や育休、時短勤務などの制度も整っており、結婚や出産後も働きやすい会社です。年収も転職前よりアップすることが望めました。

一次面接後、志望度が一気に高まる

Kさんは年齢相応の経験とスキルを持っていたため、紹介できる会社はいくつもありました。実際、書類選考に5社通過しており、Kさんの中では大手商社の子会社も「いくつか受ける会社の中の一つ」という位置付けだったと思います。

Kさんの同社に対する志望度が高まったのは、一次面接を受けた後です。面接終了後、すぐにKさんから「自分がやりたい業務に携われそうです。面接をしていただいた経理部長とも相性のよさを感じました」というメールが届きました。一方、会社側からもすぐに「Kさんのような人材を求めていました」という連絡がありました。Kさんは穏やかな性格でありながら、上手に自己主張ができる方です。会社側は、落ち着いた社風でありながら、自分の意見を言える社員がそろっています。そのため双方が相性のよさを感じたのだと思います。最終の二次面接は形式的なもので、内定は得られたも同然でした。

二次面接終了後に現場の人の話を聞ける場を設定

一次面接が終わった時点で、Kさんには他に3社の内定が出ていました。ただしKさんが希望していた「幅広い経理業務に携われる」という点は、条件が満たされていませんでした。Kさんの気持ちは同社に傾いていましたが、「もう少し現場で働く人に話を伺ってから最終的に判断したい」とのことでした。

そこでわたしから会社側にお願いして、二次面接の終了後に現場の人と話ができる場を設けていただきました。その結果、Kさんは「ここで働きたい」という思いを固め、同社への転職を決意しました。Kさんの希望と会社側の要望を合致させたことが、納得度の高い転職を実現することにつながりました。

担当エージェント

エージェント紹介

約5年間、営業職として住宅メーカーに勤務した後、「転職というその方にとって人生の分岐点になるかもしれない場面で、何かお手伝いができる仕事がしたい」と考え、エージェントに転職。ご登録者に正しい選択をしていただくために、ご紹介した会社に関する良い面も悪い面も正直に伝えることをモットーとしている。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号