経理業務未経験者が経理職への転職にチャレンジ

M.Fさん  20代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
信用金庫
職 種 /
営業、事務
年 収 /
400万円

転職後

勤務先 /
保険会社
職 種 /
経理
年 収 /
380万円

POINT この転職のポイント

経理業務は未経験ながら、経理職への転職を希望

エージェントが登録者の人柄や熱い思いを書類提出時にアピール

2時間の面接に対応するため、聞かれることなどをアドバイス

専門性を高めるために経理職への転職を決意

大学卒業後、信用金庫で金融商品の営業や販売に携わっていたFさん。経理の専門性を身に付けたいという思いを抱いていましたが、業務を通してなかなか身に付けることができず、悩んでいました。専門性を高めるならば、やはり経理職ではないかと考え、当社にご登録されました。

経理業務の経験が全くないということで、応募できる求人は多くないことをFさん自身も理解していました。労働環境が多少厳しくても、経理兼総務のようなポジションではなく、経理職一本で採用してくれる会社を希望しており、「経理のスペシャリストになりたい」というFさんの強い思いと覚悟が伝わってきました。

採用担当者との信頼関係が築けていたことが成功につながる

そんなFさんに紹介したのは、保険会社の経理職です。同社は経験者を求めていましたが、思うように応募が集まらなかったため、応募要項を変更し「未経験者でも応募可能」としていました。

同社をFさんに紹介することにしたのは、顧客の数が多いため必要となる経理処理の件数も多く、また複雑であるため、経理専門職性として非常に鍛えられる職場ではないかと考えたからです。スタッフ同士は仲がよく、職場の雰囲気も良好。税理士資格や日商簿記1級の有資格者が多数在籍しており、レベルの高い環境で働くことができます。

わたしは、以前も同社の採用に携わったことがあり、採用担当者の間で信頼関係が築けていました。そこで、書類提出時にわたしから採用担当者に「Fさんは未経験者ですが、強い覚悟と向上心をお持ちです。自信を持って推せる人ですのでぜひ会ってください」と伝え、面接の機会を設定していただきました。

会社との信頼関係が長時間面接対策に生かせた

同社の面接の特徴は、2時間かけてじっくり選考をすることです。わたしは面接担当者全員とも面識があり、どのような質問をするか、どのようなところを指摘してくるか予測が立てられました。特に経理部長は、物事を客観視できる人材を求めていました。幼少期はどんな子どもだったのか、小学校の部活動は何をしていたのかなども聞かれます。付け焼き刃の対策では太刀打ちできません。これまでの人生で何を考え、どのような選択をしてきたのか、しっかりと棚卸しをしておくようFさんにアドバイスしました。

万全の準備をした上で、Fさんは面接に臨みました。一次、二次面接は無事通過。最終の社長面接には、Fさんよりもスキルや経験が豊富な人も含め3人が残りました。同社は、Fさんの強い思いと覚悟を評価し、Fさんの採用を決めました。

エージェントとして、Fさんが経理のスペシャリストになるための第一歩を後押しすることができて、本当によかったと思います。

担当エージェント

エージェント紹介

約5年間、営業職として住宅メーカーに勤務した後、「転職というその方にとって人生の分岐点になるかもしれない場面で、何かお手伝いができる仕事がしたい」と考え、エージェントに転職。ご登録者に正しい選択をしていただくために、ご紹介した会社に関する良い面も悪い面も正直に伝えることをモットーとしている。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二