スキルアップできる安定性が高い上場企業へ転職

S.Iさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
コンサルティング会社
職 種 /
経理
年 収 /
500万円

転職後

勤務先 /
コンサルティング会社
職 種 /
経理
年 収 /
580万円

POINT 転職成功のポイント

スキルアップができることと安定性が高い会社への転職を希望

スピーディーに進めるためエージェントがカジュアル面談を提案

社内の情報共有が日程調整や年収交渉へつながり年収アップ

スキルを十分に生かせないと判断して転職活動を開始

Iさんは、経営支援を行うコンサルティング会社で経理職として働いていました。もともとこの会社は、ある上場企業の連結子会社であり、Iさんは子会社の立場から連結決算業務に携わっていたのですが、ある時、会社が連結子会社から外れてしまいました。このまま会社に留まっても、持っているスキルを十分に生かすことはできないと判断したIさんは、転職活動を始めることにしました。

転職先に対するIさんの希望は、スキルアップができることと、経営が安定している企業であるということでした。また、転職へのヒアリングを進めるうちに、年収にもこだわりがあることが分かってきました。

カジュアル面談によって内定までスピーディーに進む

私がIさんに紹介したのは、経理や財務などのアウトソーシング事業を行っている東証一部上場企業です。同社では社内の経理部門の人材が手薄になっており、即戦力として活躍できる人を求めていました。しかし、要求水準に達する人材がなかなか見つからず、採用に苦労していました。Iさんは監査法人に勤務していた経験もあり、本来であれば親会社の側で連結決算や開示業務に携われるだけのスキルを持っています。さらに「スキルアップができ、経営的にも安定している企業で働きたい」というIさんの希望にも、同社は合致していました。

同社は採用を急いでいましたので、私は採用担当者に「書類選考の段階は飛ばして、カジュアル面談という形でIさんと顔合わせをする形にしませんか」と提案し、書類選考抜きで人事部のマネージャーとのカジュアル面談(実質的な一次面接)を設定しました。

このカジュアル面談で、Iさんは先方から高い評価を得ることができ、経理部のマネージャーが面接官を務めた二次面接も難なく通過。極めて順調に内定を得ることができました。

社内の情報共有と先方との信頼関係が条件交渉につながった

実はこのときIさんは、当社からの紹介で別の企業の選考も進んでいました。そこでその会社を担当しているエージェントと密に連絡を取りながら、進捗状況に関する情報共有を図りました。エージェント同士による情報共有は、先方との日程調整や年収交渉を行う際に非常に役立ちました。ぎりぎりまで情報共有を行い、Iさんの希望に沿うべく、もう1社の金額よりも高い年収で交渉し、年収アップを実現することができました。

今回、カジュアル面談を提案し、内定までスピーディーに進めることができたのも、当社と先方企業の間には10年以上のお付き合いがあり、「ジャスネットであれば、書類審査はしなくても、良い方を紹介してくれる」という信頼関係が築けていたからです。この信頼関係を崩さないためにも、会社と登録の双方にとって有益なマッチングになるよう努めていきます。

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号