監査法人から上場企業への転職に成功

K.0さん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
1000万円

転職後

勤務先 /
食品メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
600万円

POINT この転職のポイント

ワークライフバランス改善のため事業会社への転職を希望

公認会計士としての経験を生かせる大手事業会社を紹介

面接から入社まで、きめ細かいフォローに尽力

公認会計士を求めている大手事業会社を紹介

公認会計士として大手監査法人に勤めていたOさん。年収は高かったのですが、残業時間が多いのが悩みでした。家族のことも考えて、年収は下がってもワークライフバランスを改善できる事業会社への転職を希望し、当社にご登録されました。

私がOさんに紹介したのは、上場企業であるものの、現状ではまだ経理部の中に公認会計士の有資格者がいない大手食品メーカーです。同社は、残業時間が少ないだけでなく、アットホームな雰囲気のなのも特徴です。その点も、ワークライフバランスを整えたいというOさんの希望と合っていました。

一方、同社が求めていたのは、上場企業にふさわしい企業会計の仕組みを整えられる人材でした。

豊富な経験と能力を有するがおとなしそうなことを懸念

Oさんは監査法人ではインチャージの経験もあり、経歴的には申し分ありません。また、金融商品取引法の監査業務やJ-SOX(内部統制報告制度)のコンサルティング業務の経験も豊富にあり、同社が求める「企業会計の仕組みを整えられる人材」にも合致していました。

同社は、監査法人と比べると提示できる年収が低いことがネックになり、公認会計士の確保に苦戦していました。年収が下がることを問題としていないOさんは、ぴったりな人材でした。

懸念があるとすれば、Oさんは少し押しが弱そうに見える部分があることでした。敬遠する会社もあるので、採用担当者に確認をしたところ、同社の場合は、あまり気にされていないようでしたので、「問題ない」と判断しました。

面接から入社まで橋渡しとして、きめ細かいフォローに尽力

書類選考は問題なく通過し、一次面接も高評価を得ることができました。あとは二次の役員面接を残すだけ。ところがOさんはここで失敗します。役員の質問に対して、面接の場に相応しくない、相手の方の感情を害しかねない失言をしてしまったのです。

自身でも失言に気づいたOさんは、面接後すぐに私に連絡をしてきました。私も速やかに、先方の担当者に連絡を取り、役員の方へのフォローをお願いしました。しかし、実際には役員の方はOさんの発言について「自分の意見を素直に言える信用できそうな人物だ」と、評価していただいたようです。無事に役員面接も通過し、内定を得ることができました。

内定後も会社とOさんの橋渡しに努めました。同社は条件通知の前に健康診断が必要でしたが、監査法人で働くOさんは忙しく、入社までの日数もないため、その調整に尽力しました。双方の間に立ち、きめ細かいフォローを心掛けたことがこの転職の成功に結びついたと思っています。

担当エージェント

エージェント紹介

エージェント 荻野 望
荻野 望

都市銀行、会計系のソフトウェア会社営業職を経て当社に転職。日商簿記検定1級の資格を持ち、かつては公認会計士の資格取得を目指していた時期もある。経理や会計に関する専門知識を持ったエージェントとして、企業側、登録者側の双方が満足する、より良いマッチングの実現を目指している。

【専門領域】
・IT、人材ビジネス、金融
・ベンチャー企業、上場企業、株式公開準備


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号