前向きに業務に携わり、裁量のあるポジションで挑戦ができる企業を紹介

M.Mさん  40代以上  女性  
経理

転職前

勤務先 /
小売業(上場子会社)
職 種 /
経理 シニアマネージャー(課長級)
年 収 /
650万円

転職後

勤務先 /
IT企業(マザーズ上場)
職 種 /
経理(課長)
年 収 /
820万円

POINT この転職のポイント

M&Aなど通常の経理業務以外にも幅広く携われる会社を紹介

会社側から応募者に関する懸念事項を聞き出し面接対策を講じる

面接を重ねて経営陣と価値観が共有できるか確認

豊富なキャリアとキャリアアップの志向性

Mさんはこれまで5社の経験があり、コアキャリアとして10年近く大手ソフトウェア開発会社にいました。1年半ほど前からはフード事業などを手掛ける会社の経理財務部門でシニアマネジャーとして働いていました。Mさんが転職を考えられたのは、いまいる企業が大手食品会社の子会社ということもあり、意志決定が自社ではできないこと、業務改善に対して企業として後ろ向きなことが、ご自身には合わないのではと感じられたからです。

Mさんはソフトウェア開発会社時代にシンジケートローンの組成や、外資系企業でIFRSの導入を経験しており、そういった経験も活かしたいと考えていました。また社会人大学院に通われ、MBAの取得を目指していることもあり、ゆくゆくは海外事業や経営判断にも携われるようなポジションに挑戦したいという考えもお持ちでした。

転職回数の多さが書類通過のネックに

私がMさんに紹介したのは、数年前にマザーズに上場したIT企業です。同社は今後M&Aを積極的に展開していく計画がある他、マザーズから東証一部への市場変更も検討中でした。そのため通常の経理業務以外にも幅広く携われる人材を求めていました。

同社の社風は、新興IT企業でありながらベンチャー色が薄いことが特徴でした。求める人材像が、アグレッシブさよりも、知的かつロジカルに業務を遂行できる方でした。Mさんがコアキャリアとして過ごしたソフトウェア開発会社と近しい社風であると感じて、ご紹介を致しました。

ご紹介したIT企業の担当者はMさんの5社経験を見て、「少し転職回数が多すぎるのではないか」と難色を示されました。ただ、これまでに弊社から採用実績が2名と、関係性ができていたこともあり、転職回数以外の部分では同社が求めている人材に非常に近いことを伝え、面接を設定いただくことができました。

面接を重ね、本当に自分が行きたいと思える会社か見極める

またもう1点、意識をしたのはMさんに事前に先方の書類選考での評価を理解いただくということでした。特にマネジメント経験やスキルの詳細な部分など、先方が懸念に感じられた部分はMさんに伝え、ご自身の書類での評価を理解された上で、対策し面接に臨んでいただくことができました。

今回、通常の選考フローよりも面接回数が1回多くなっています。それはポジションが高いことと、成長企業なのでやはり一緒に成長していきたいと思える経営陣かを、Mさんからも見極めてもらいたいと感じたからです。面接は食事会も含めて計4回に及びました。
食事会を設定したのは、同社はコンパクトな組織で経営陣とも近いため、同じ価値観を共有できるか、面接では無くフラットな環境で判断いただきたいと考えたからです。

結果、当初先方がMさんに対して抱いていた懸念事項は払拭され、Mさんも、ご自身に求められているものと、企業の考え方など理解した上で、内定を得ることができました。
Mさんの今後のご活躍を楽しみにしています。

担当エージェント

エージェント紹介

地方大学を卒業後、教育業界に携わり、一旦は独立。その中で企業の資産は人であると考え、弊社に入社。求職者だけでは見つけられない道も含め、包括的に提案することをモットーにして、企業と登録者に新しい視点を提供している。

【専門領域】
・メーカー(電気、電子、半導体)
・海外展開あり(日系グローバル企業)


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二