スキルアップを求めてベンチャー企業に転職

Y.Wさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
小売業
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
IT企業
職 種 /
経理
年 収 /
370万円

POINT この転職のポイント

スキルアップが望めるIPOを予定しているベンチャーを紹介

仕事内容に魅力を感じつつも事業の将来性に懸念を抱く

エージェントが会社と本人の間に入って懸念事項を解消

このままではスキルがさび付いてしまうと考えて転職を決意

Wさんはプライベートな事情で、以前暮らしていた名古屋から東京に転居。小売関係の上場企業に経理職として転職しました。しかし職場で与えられた仕事は日常の経理業務が中心。以前の職場では年次決算業務や財務諸表の作成まで任されていたWさんにとっては、物足りない業務内容でした。Wさんはこのままではスキルがさび付いてしまうと考え、転職を決意しました。

転職先の希望は、業務が細分化されている大手企業よりも、一人で幅広い業務をこなすことが求められるベンチャーでした。できればIPOを目指している会社で自分を鍛えたいとのことでした。また、尊敬できる上司がいる職場で働きたいという思いもお持ちでした。

IPOに向けて準備中のITベンチャーを紹介

そこでWさんに紹介したのは、セキュリティー関係のソフトを開発しているITベンチャーです。同社はまさにIPOに向けて準備中であり、決算業務を任せられる人材を求めていました。Wさんが希望されていた「尊敬できる上司」についても、同社にはまだ20代ですが、大学在学中に公認会計士の資格を取得した非常に優秀な経理責任者がいます。Wさんも興味を持ち、応募を決めました。

しかし、会社側がWさんのことをどう評価するかについては未知数でした。というのも、同社にはこれまで当社から3名の方を紹介したのですが、いずれもスキル不足を理由に採用が見送りになっていたからです。Wさんのこれまでの経験やスキルをどのように評価してくれるかについては、会社側の判断に委ねるしかないと思いました。

登録者の懸念事項をエージェントが会社に伝える

一時面接が終わった段階で「ぜひWさんに当社に来てほしい」という連絡がありました。スキルや経験だけでなく、Wさんの向上心を高く評価したようです。一方、Wさんはこの会社に好印象を抱きつつも、メインの事業がセキュリティーソフトの開発だけという点で、安定性に不安を感じたようでした。

そこで私は、Wさんの不安を率直に同社に伝えることにしました。先方の担当者は「分かりました。では二次面接では、当社の今後の事業計画やビジョンを具体的にWさんにお話しします」とWさんを採用するための対応を取ってくれました。

そして二次面接で事業計画やビジョンの説明があったことで、Wさんの不安は解消し、この会社への転職を決意しました。転職先に対して懸念事項が出てきたときには、納得のいく転職をしていただくためにも隠さずにエージェントに相談してほしいと思います。

担当エージェント

エージェント紹介

営業職としてメーカーで8年勤めた後、かねて抱いていた「採用に関わる仕事に携わりたい」という夢をかなえるために転職。常に登録者の立場に立って行動できるエージェントであることを目指している。20代~40代のビジネスパーソンの転職サポートはもちろんのこと、今後はシニア転職市場の開拓にも力を注いでいきたいと考えている。

【専門領域】
・メーカー、IT
・ベンチャー企業、株式公開準備、大手企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号