転職回数が多いハンディキャップを乗り越え転職に成功

E.Iさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
飲食業
職 種 /
経理・庶務
年 収 /
300万円

転職後

勤務先 /
施設管理業
職 種 /
経理・庶務
年 収 /
350万円

POINT この転職のポイント

転職回数の多さが原因で書類選考に通過しない

エージェントが募集会社に電話をして面接を依頼

エージェントが面接に同席してアガリ症の登録者をサポート

不運が重なり転職回数が増えていった

Iさんは不運な経歴の持ち主でした。前々職の会社では、事務職を希望していたのに力仕事が必要な部署に配属になり、それが原因で体を壊して1年で退職。また前職の会社では、1年数カ月ほど勤めた後、管理部門が閉鎖に。人員整理の対象となり退職を余儀なくされました。こうしてやむを得ない理由で転職を重ねる結果となっていました。

転職回数が多いと、転職活動は不利になる場合が多く、Iさんも20代にして契約社員も含めて3回目の転職で、経理としての経験とスキルも不足しており、それによって書類選考を通過できずにいました。そこで私が講じた策が、応募する前に私から採用担当者に電話をすることでした。

信頼関係ができていた会社に電話で面接を依頼

私が目を付けたのは、建物の管理などを行っている会社でした。同社は大手デベロッパーの系列に属しているため経営が安定しており、長く働ける会社というIさんの希望に合致していました。

以前にも同社に人材を紹介したことがあり、採用担当者との間に信頼関係も築けていました。私は、採用担当者に電話をかけ「さまざまな不運が重なって転職回数は多いのですが、人柄は素晴らしい方です。ぜひ面接を設定してくれませんか」とお願いしました。すると、「あなたが紹介する方なら間違いないでしょう」と、書類選考の通過と面接の実施を約束してもらうことができました。

エージェントが面接直前まで緊張をほぐすことに努める

面接対策には特に力を注ぎました。Iさんには、志望動機を事前にしっかりと練るようアドバイスし、メールや電話で何度も打ち合わせました。また、Iさんは極度のアガリ症だったこともあり、面接には私も同席することにしました。私が隣にいることで、少しでもIさんの緊張を和らげることができればと考えたのです。

面接当日、Iさんにお会いしてみると、案の定かなり緊張していました。そこで、面接の直前までIさんがリラックスできるよう努めました。

面接本番では、先方の面接官が非常に穏やかな表情と語り口でIさんに接してくれたため、Iさんの緊張も徐々に解け、普段の自分を出せるようになりました。Iさんは今、同社で働き始めています。今度こそ長く働き続けることできればと願っています。

担当エージェント

エージェント紹介

国立大学に入学するも2日目に退学を決意。IT系の起業に挑戦したのち、結婚を機に24歳のときに賃貸マンション・アパートの仲介を主業務とする不動産会社に営業職として入社。社内トップクラスの成績を収めた後にジャスネットに転職する。登録者の悩みや思いに耳を傾け、寄り添いながら転職のサポートをしていけるエージェントになることを目指しており、実際に多くの転職者から感謝の手紙が寄せられている。

【専門領域】
・不動産、建築・土木
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二