30代後半で大手監査法人アドバイザリー部門に転職

H.Nさん  30代  男性  
コンサルタント

転職前

勤務先 /
食品輸入会社
職 種 /
経理
年 収 /
非公開

転職後

勤務先 /
大手監査法人
職 種 /
アドバイザリー
年 収 /
680万円

POINT この転職のポイント

経理財務部門の海外移管に伴い、転職を余儀なくされる

エージェントが監査法人のアドバイザリー部門を勧める

一次面接後の先方担当者からフィードバックを本人に伝える

大手監査法人への転職は、年齢的に最後のチャンス

外資系の食品輸入会社で、米国会計基準での決算業務や予算管理業務、為替ポジションの管理業務や内部統制業務などに携わってきたNさん。資格としてはUSCPA(米国公認会計士)をお持ちでした。ところが所属していた経理財務部門が海外に移管されることになり、転職を余儀なくされました。ちなみにこの海外移管プロジェクト自体、Nさんが担当して進めていたものです。

当社に登録されたNさんが転職先として希望されたのは、大手監査法人でした。当時30代後半に差しかかっていたNさんは、自分でも「もし監査法人で働こうとするなら、年齢的にこれが最後の転職チャンスになる」と認識していらっしゃいました。会計に関する高い専門性を武器に、さまざまな顧客と接することになる監査法人での業務に、以前から憧れを抱いていたようです。

アドバイザリー部門であれば、これまでの経歴が評価される

そんなNさんにお勧めしたのは、監査法人のアドバイザリー部門です。これまで監査法人での勤務経験がないNさんは、監査部門へ転職する場合、スタッフのポジションからのスタートとなります。そのため、前職よりも年収が下がることが予想されました。また、年齢的に監査部門の場合、採用される可能性も低いと思われました。一方、アドバイザリー部門であれば、Nさんの前職での経歴やUSCPAも評価の対象となります。そのことをSさんにお伝えし、アドバイザリー部門をターゲットに活動することになりました。

一次面接後のフィードバックを参考に二次面接に臨む

監査法人のアドバイザリー部門は、多彩な経歴を持つ人材を高く評価する傾向が強く、外資系企業で培ってきたNさんの高い英語力や、豊富な国際業務経験は大きな強みになります。実際Nさんの経験は、先方の担当者から高い評価を得て、一次面接の後、担当者から「前職の会社で積み上げてこられた会計や経理の実績は素晴らしいと思います」というフィードバックがありました。一方で、担当者は懸念要素として、「プロフェッショナルファームでの勤務経験がないこと」と「30代後半から本当に新しいフィールドで対応できるのか」という2点を挙げていました。

私はNさんに、先方担当者からのフィードバックを全てお伝えしました。Nさんは理解力の高い方ですから、その情報を基に、自分で二次面接の対策を練った上で本番に臨まれ、無事内定を得ることができました。

今、Nさんは新しい職場で活躍をされています。Nさんがおっしゃっていた「最後のチャンス」をかなえるお手伝いができて、本当に良かったと思います。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

コンサルタントの転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号