新規登録 求人検索

IPOコンサルティングの職務経歴書の書き方とサンプル

書き方のポイント

業務への関わり方を明確にする

IPO(株式公開準備)を行う企業については、アーリーステージから直前期まで、様々な段階があります。企業の体制がどの程度のレベルにあり、IPOを進めるうえでどのような業務にどのような関わり方をしてきたのか、具体的な業務を交えて説明をする事で読み手のイメージが深まります。
職務経歴書は採用側が期待する業務を任せられる人材であるかどうかを判断するための書類ですので、出来る限り多くの事例を交えて自分の経験をアピールできるようにしましょう。

ものごとを推進していく力をアピールする

IPOにおける業務は、ルーティンワークと違い新たに仕組みを作ることや、これまでの前例の無いことに対して関係者を巻き込みながら意思決定をしていくような場面が多くあります。
周囲をリードしながら物事を進めた実績や、経営者や現場レベルのスタッフを含めてどのように関係者を巻き込んで業務を進めて行ったかなど、具体的な事例がそのままアピールポイントとなります。
職務内容や自己PRなどの中に記載するようにしましょう。

上場した後のキャリアをイメージして自己PRを行う

世の中にはIPO請負人のように様々な企業でIPO段階にフォーカスをして企業に関与される方がいますし、そういった方を求める求人も存在します。
ただ、多くの経営者は上場後も管理部門のコア人材として活躍をして欲しいと期待していますので、上場を果たした後のキャリアをどの様にイメージしているのか、うまく自己PRで伝えられるようにしましょう。あまりIPOに携わりたいという事ばかりを強調しすぎると、上場を果たした後は辞めてしまうのではないかという懸念材料にもなりかねませんので、注意をしましょう。

サンプル

※サンプル内にあるポイントの上にカーソルを乗せるとアドバイスが表示されます

職務経歴書

20○○年○月○日現在
氏名 ○○○○

要約
コンサルティングファームの上場支援部門に所属し、経理プロセスの構築からⅠの部やⅡの部など申請書類に関する作成支援まで一連の支援を行っておりました。入社○年目からはクライアントの窓口を含め、プロジェクト管理を任せられることも多くなり、チームの運営経験もございます。
職務経歴

○○○○株式会社 (20○○年○月~現在)
従業員:○○人 ポイント 就業した会社の情報について 一般事業会社の情報と同様に、正確な情報を記載します。また、所属していた部門についても記し、ファーム内での部門の位置づけが伝わるようにします。
所属部門:○○○○グループ

1.業務内容

  1. Ⅰの部・Ⅱの部を含めた上場準備に必要な各種資料作成
  2. 連結財務諸表作成プロセスの整備
  3. 各種規定や業務フローの構築・改善・運用
  4. 内部統制構築支援
  5. 主幹事証券会社との折衝
  6. 資本政策の策定

2.主要担当会社の概要(担当会社数:延べ約○○社) ポイント クライアントについて 担当した主なクライアントについて記載します。業界や売上規模、子会社数など、企業の規模感が伝わるように表現しましょう。
担当社数などについても記載すると、より業務イメージが伝わります。

  1. 連結子会社○社を有するサービス業(売上約○○億円)
    基本的な経理の仕組みは出来ている企業だったため、組織再編を行い連結子会社の整理を行いながら上場申請書類の作成を行う事をメインミッションとし、関与の2年後にJASDAQに上場。 ポイント 業務へのかかわり方について 具体的な業務の事例として、クライアントに対してどのような業務の関わり方をしたのかを記載します。また、IPO支援後の結果についても記載すると良いでしょう。
  2. 設立○年の不動産会社(売上約○○億円)
    実質的なCFO不在の環境であったため、常駐しながら経理スタッフの育成を行い、経理プロセスの構築や各種規定の構築までCFO的な役割を担う。CFOの採用を含め、体制構築後はチェック・アドバイザリーを中心に定期的なフォローを行うが業績の悪化を受けて上場断念。

資格・免許・PCスキル
  1. TOEIC公開テスト700点(19○○年度)
  2. 公認会計士(20○○年4月登録)
  3. Word、Excel
自己PR

IPOコンサルティングを行う特性上、ベンチャー企業など経理を含めた管理部門機能の未熟な組織が多く、コンサルティングを行うのみならず実際に作業も一緒に行う場面が多くございました。
経理や会計の知識があまり無い環境の中で業務の必要性や流れを全社的に理解してもらいつつ、業務フローの構築・運営までの流れを整備してきたことはコミュニケーションスキルを身に着ける上でも非常に良い経験が出来たと自負をしております。

今後は培った経験を組織の中で活かして行きたいという想いから、事業会社の中で先ずはIPOに携わる事で貢献し、IPOを果たした後は貴社の成長を共に支えるメンバーとしてキャリアを築いて参りたいと思います。