仕事のやりがいを求めグローバル展開中の企業へ

A.Sさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
東証1部上場
職 種 /
経理マネージャー
年 収 /
650万円

転職後

勤務先 /
消費財メーカー
職 種 /
経理課長
年 収 /
600万円

POINT この転職のポイント

上場企業での経験を生かせる新天地を求め、弊社に登録

企業文化を含め、会社の情報を細かく伝えて面接対策

最も力を発揮できるのは、未上場だが成長著しいメーカーと判断

成長性を秘めている企業で、上場企業での経験を活かしたい

大学卒業後、上場企業(小売業)に入社され、一貫して経理職を務められたAさん。
統廃合やM&Aの多い業界で、企業の栄枯盛衰を身をもって体感をしてこられました。
業界全体として閉塞感が高まるとともに、自社の成長も見えにくいところがきっかけとなり転職を決意。安定した地位より、今までの経験とスキルをより活かすことの出来る新天地を求めキャリア相談にいらっしゃいました。

キャリアプラン・スキルとマッチした企業の選択

Aさんは、初めての転職活動とのことで、Aさんが考える将来像や希望する環境をヒアリング致しました。
Aさんの希望は、海外展開にチャレンジをしている製造業。また、上場企業で培ったスキル(財務会計・管理会計)を充分に発揮できる上場企業を強く望まれていました。しかし、英語が使えない事、製造業でのご勤務経験が皆無のため、これらの条件を満たす転職は選択肢が狭まり、最適な転職時期を逃すリスクがあります。
そこで、弊社はある企業をご紹介いたしました。その企業は未上場ではありますが、国内外に子会社を持つ消費財メーカーで、今後連結決算の導入、基幹システムの再構築(管理会計制度の導入)などを予定されている経理部門の課長職です。
Aさんも今までの経験とスキル存分に発揮できる企業と判断してエントリーをし、即日で書類選考が通過となり、面接選考まで無事進むこととなりました。

入念な面接対策の実施

一般的に、企業文化は組織内で共有された価値観や 規範などは、その組織で働く人の想いの部分であるために可視性が低いものです。そのため、一人で転職活動をすると表面的な企業数字だけで判断せざるを得ません。
初めての転職活動ということもあって、特に面接対策については入念に打ち合わせをし、 企業の情報として企業文化の違いや、レベル感の違いなど、詳細なところまでご説明致しました。
Aさんは今回、初めての転職活動であったため多少の不安があったようですが、エージェントを通じて企業文化を事前に確認して面接に臨む心構えが整ったご様子。
また、ニーズに合致した人材をピンポイントで採用したいという企業意思を事前に伝えたいことで、当日の面接中でも働くイメージを持ちながら一つひとつの質問に誠実に回答することを心がけていました。
そのため、無事面接をクリアされ、結果、スキル的な要素のみらず、ご本人のお考えも企業と非常にマッチしていると企業側から高い評価を受けました。
内定時には企業の取締役の方と会食を交え、ざっくばらんに企業の現状などご説明をして頂き、ご本人に納得をされてご転職を決定されました。

担当エージェント

エージェント紹介

プラントメーカーの営業経験、その後、創業したばかりのIT企業に転職をし、IPO、M&A、MBOを経験。 黎明期~再生期までの企業での勤務経験や、大手企業~ベンチャー企業までほぼ、全てのステージの企業における勤務経験がある。その後、人材業界へ。転職支援者は、3000名を超え、クライアントは、中小企業~外資系世界NO1企業まで多岐に渡る。

【専門領域】
・コンサルティングファーム(監査法人含む)、税理士法人・会計事務所


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号