未来を見据えたマッチングで、経理職としてさらにステップアップ

S.Kさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
貿易商社
職 種 /
経理、営業事務、総務
年 収 /
410万円

転職後

勤務先 /
製造業
職 種 /
経理・財務業務全般
年 収 /
330万円

POINT この転職のポイント

求人票の書面だけではわからない、エージェントからの情報に満足

応募先の会社に合わせて具体的な面接対策を行う

会社規模などの希望条件よりも、自分がやりたいことを実現できる仕事を選択

初めてエージェントを活用した転職活動

元々はホテルにて接客業に携わっていたKさん。経理職にキャリアチェンジした際は、ご自身で直接企業へ応募して転職をされたため、エージェントに登録されたのは弊社が初めてでした。
エージェントを活用して良かったポイントを3つ挙げていただきました。
一つ目は、登録面談です。実際に登録面談にご来社された感想を伺ったところ、「担当の方が、私の今までのキャリアや志向性、これからやりたいことなどについてしっかりと話を聞いてくれました。そして一般論ではなく、私自身の過去を踏まえたうえで、これからのキャリアについてアドバイスしてくださったことがとても印象に残っています」とのこと。
二つ目のポイントは、求人のご紹介の仕方についてです。
どんな求人でもエントリーを勧めるというのではなく、求職者の方の将来に対するお考えや実現したいことが、その求人とマッチしているかどうかをポイントにして、エージェントが「なぜお勧めするか、しないか」の理由もあわせてお伝えしています。
Kさんも、書面の求人票だけでは伝わりきらない会社の方向性や社風などについてエージェントから説明されたことで、今の会社に興味をもち、ご応募されました。

クライアントを熟知したエージェントだからこそできる、徹底した面接対策

エージェントを活用して良かったポイントの三つ目は面接対策。
弊社では応募先ごとに担当エージェントが面接の対策をしています。Kさんとしては、複数のエージェントからのアドバイスを聞けたのも良かったとおっしゃっていました。面接の中で良く聞かれる転職理由や志望動機、短期間の就業となってしまった理由などの伝え方についても、それぞれの応募先の特徴を捉えてアドバイスがあったそうです。
例えば、「A社は○○の事業によってこれから拡大路線で、経理業務を内製化しようとしています。Kさんが今まで経験してきた会社規模での実務経験はA社にぴったりです。
同じ"キャリアアップ"というキーワードでも、すでにある程度の規模になっている組織で先輩から実務を教えてもらうというキャリアアップよりも、自分の経験を活かして会社の成長と共に、自らキャリアアップしていきたいという表現にしてみては?」など。
実際この応募先は、会社とKさんの将来への志向がマッチした結果、内定となりました。

転職成功の秘訣は、「一番大切な希望を明確にすること」

入念な面接対策ももちろん大切ですが、実際に面接に行ってみて感じることも多々あるはずです。
入社を決めた会社の面接では、面接官もKさん自身も、建前ではなく本音で話せたという感触があって、「この人と一緒に働きたい!」と心から思えたそうです。
転職活動を始めた当初は、ある程度の規模の経理部を希望されていたのですが、いろいろな求人を見ていく中で、将来的にやっていきたいことが実現できるのは、必ずしも規模が大きい企業とは限らないということに気付かれました。
「待遇が良いということも大切だと思うのですが、自分が人生で何を大切にしたいかを明確にして、それを実現できる職を探すことが一番大切なのではないかと思います。そして、自分の見せ方や売り方を研究し、少しでも自分の価値を上げていくことが満足できる転職に繋がる秘訣だと思います」とお話されていたKさん。
現在は、10数名の規模の会社で経理をはじめとした事務全般を任され、今後は税理士にお願いしていた業務も社内で内製化すべく、ご活躍されていらっしゃいます。
転職活動中に「何を大切にしたいか」がわからなくなったり、変化していくことがあるかもしれませんが、そんなときには、是非エージェントに正直な気持ちを相談してみてください。
模索した結果、最終的に出した結論が納得できる答えになるよう、エージェントが丁寧にサポートさせていただきます。

担当エージェント

エージェント紹介

大手金融機関一社で営業・営業統括・審査部門を経験し、その後当社に入社。スピーディーでこまやかなフォローはご登録者・企業ともに信頼が厚い。取締役クラスから直接依頼を受ける求人も多く、意思決定者に直接推薦出来るネットワークが強み。

【専門領域】
・外資系企業、金融機関


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号