食品業界への熱い思いが伝わりJASDAQ上場企業に採用

Y.Kさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
会計士事務所
職 種 /
税務・会計コンサルタント
年 収 /
520万円

転職後

勤務先 /
飲食業
職 種 /
経理(決算・税務)
年 収 /
600万円

POINT この転職のポイント

会計事務所から業種にこだわって上場企業へ転職

税理士科目合格を生かし、企業内税務を含む経理を希望

面接で心配な点が残り、のちにエージェントが会社側にフォロー

会計事務所での経験を一通り積み、事業会社への転職を希望

今回ご紹介するKさんはとにかく明るく飾り気のない方。担当エージェントが初めて面談でお会いしたときは、他社で紹介された会社から内定の電話を受けた直後で「どうしたらいいでしょうか!?」と興奮気味に来られたそうです。

「落ち着いて考えてみましょう。この会社は年収が現職とそれほど変わりませんが残業込みの金額ですよね。残業がかなり多いようですがいかがですか?」。エージェントのアドバイスを聞いて「なるほどそうですね」と冷静になったKさん、別の会社も受けたいと弊社での転職活動がスタートしました。

Kさんは大学卒業後、大手金融機関に入社して中小企業の融資を担当するうちに会計への興味を持ち、税理士を目指すべく会計事務所に転職しました。中小企業の税務の仕事をしながら税理士試験の勉強にも励み、財務諸表論と簿記論に合格。

そして業務の幅を広げるためにクライアントの規模が大きい事務所へ、さらに相続が経験できる現職の事務所へと転職しました。仕訳入力、売掛金・買掛金管理業務、申告書作成、連結納税業務、相続案件、巡回業務など、10年以上にわたって3つの会計事務所で一通りの経験を積んだことから、今後は一つの会社内で深く経理に携わりたいと事業会社への転職を希望していました。

「好きな業界で働きたい!」食品を扱うJASDAQ上場企業が第一志望に

Kさんが転職先の条件として挙げるのは「上場会社でのキャリアアップ」「年収アップ」に加え、「得意分野や好きな分野のものを扱う業種であること」。中でも「趣味は食べ歩き」というKさんは食品の業界に強い興味をお持ちで、エージェントは飲食業の会社の決算・税務担当の求人をご紹介しました。

景気にほとんど影響されない安定した業績を保つJASDAQ上場企業で、食品とともに“お客様に夢を与えること”を大切にしている会社です。入社後の頑張りによっては財務、原価計算、主計、開示資料作成などジョブローテーションがあるというのもKさんの望む環境で、第一志望の会社になりました。

キャリアと志望動機の強さ、明るい性格が評価されて採用が決定

順調に一次面接をパスして最終面接に臨んだKさん、ちょうど人事異動の時期と重なったため、新旧の担当者がそろって通常より多い人数になったことから、「予想していなかったので思うように話せませんでした」と気にされていました。そこでエージェントが先方の人事担当者に「緊張してしまったそうです」とフォローの電話を入れると、「そんなことはないです。たくさんお話しされていましたよ」と意外なお返事が。

「Kさんが食品業界に対する熱い思いをお伝えする中で食べ歩きが趣味という話になり、会社の方から、会社の近くにある予約の取りにくい有名店について質問が出たそうです。担当の方は『予約を取る裏技を教えてもらって今度行くことになっています(笑)。とても楽しい方で、うちの雰囲気がもっと明るくなりそうです』とおっしゃっていました」
Kさんのキャリアと会社に対する思いはもちろん、明るいキャラクターが評価され、採用が決まりました。

今は入社後1カ月にわたる研修を楽しみにしているKさん。「会社の掲げる理念や提供するサービス、事業展望、そして商品の特徴から作り方まで教えてもらえるそうです。もちろん試食も楽しみ(笑)」と、張り切っていらっしゃいます。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号