大手企業子会社の経理経験が評価され、希望どおり年収アップ

Y.Sさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
小売業
職 種 /
経理(決算業務)
年 収 /
370万円

転職後

勤務先 /
不動産業
職 種 /
経理
年 収 /
420万円

POINT この転職のポイント

年収が思うように上がらず3度目の転職を決意

じっくりと転職活動に臨み、2年目で最適な会社と出会う

大手企業の子会社でキャリアを積み3度目の転職へ

サービス業の会社で経理のキャリアをスタートさせたSさんは、年収アップを求めて大手企業の子会社となる不動産業の会社に転職。月次・年次決算業務、子会社の経理業務、連結決算業務、監査対応などに従事し、入社2年目からは会社再編に携わりました。
「経理業務を遂行するにあたって納期の遵守は必須ですが、ミスが許されないプレッシャーの中で実行できたことは、今後にとってプラスになる経験でした」

合併前にはチームで行っていた子会社の経理業務を、合併後は一人で担当するようになり、スキル面でも精神面でもご自身の成長を感じていたSさん。しかし合併で規模が大きくなったことで、「自分には全体を見回せるくらいの規模が向いている」と考え、大手メーカー子会社である小売業の会社に転職しました。支払調書作成、連結パッケージ作成、店舗管理業務などに励んでいましたが、前職よりも年収が下がっており、今後も上がることを期待できる状況ではないことから3度目の転職を決意したそうです。

求職者と会社側の条件がめったにないほどぴたりとマッチ

働きながらも自己研さんを続けてきたSさんは、これまでにBATICアカウンタントレベル、貸金業務取扱主任者資格、知的財産管理技能士3級、宅地建物取引士資格を取得されました。それらの資格を生かし、さらにスキルアップしたいと、経理だけでなく総務や法務など職種の幅を広げて転職活動を始めました。「時間をかけても、納得できる会社に入社して定年まで勤めたい」と決め、いくつか出ていた内定も辞退しながら、転職活動は2年目に入ろうとしていました。

一方弊社エージェントが担当している大手企業の子会社である不動産会社では、経理スタッフに欠員が出たため、“専門学校卒業以上で経理の実務経験1年以上”の条件で求人を出していました。
「本音では、子会社経理の経験者で、できれば不動産業についての知識のある方を望んでいましたが、限定的な募集では応募の数が見込めないので間口を広げていました。上司となる方と同年代までの方を優先し、経験が浅くても入社後に育てようとお考えになったようです」

Sさんは子会社経理の経験、不動産会社での経験に加え、宅地建物取引士資格をお持ちで、しかも親会社の業種も同じ。「これほどぴったりの方がいらっしゃるとは」と会社側も驚くほど。業績の安定した会社で長く働きたいSさんにとっても条件に合う会社であり、経理が管理部の管轄であるため、将来的には総務や法務にもかかわっていく可能性があるという点も魅力的でした。

希望どおり年収がアップ、「社風にも心を引かれて」入社が決定

面接の結果はもちろん合格。Sさんの希望どおり年収が上がっただけでなく、福利厚生も充実していて住宅手当も付くため、実質賃金はさらにアップします。これまで90分かかっていた通勤時間も30分に短縮しました。さらに「親会社に頼らずやっていこう」という主体性の感じられる社風で、プロパー社員が活躍しているという点も「心を引かれた」とおっしゃいます。

多くの転職を成功させてきたエージェントも、思わず「ここまでピンポイントで合うのは珍しい」というほどのマッチング。納得がいくまでじっくり検討したSさんが呼び寄せたご縁といえるでしょう。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号