経理歴10年、スキルアップを求めてベンチャー企業を希望

I.Tさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
小売業
職 種 /
経理
年 収 /
360万円

転職後

勤務先 /
不動産業
職 種 /
経理
年 収 /
360万円

POINT この転職のポイント

一人での経理担当から、教育環境の整った会社へ転職希望

社内の和を大切に考える会社側は人物面を重視

エージェントのヒアリングで的確なマッチングが実現

日商簿記3級を取って転職するも、スキルアップを求め再度転職へ

「人をサポートすることが好き」とおっしゃるTさんは、大学時代に秘書検定2級を取得。卒業後は在学中からのアルバイトを1年間続けたのち、第二新卒で製造業の会社に就職し、経理を中心に庶務も含めて5年間勤務されました。

退職後は日商簿記3級を取得し、卸売業の会社に入社して5年、月次・年次決算補助業務をはじめとして経理を担当するほか、営業事務や庶務にも従事されています。
「電話対応や庶務の業務を少人数で分担していましたが、声掛けや連絡を欠かさないようにして仕事の連携に努め、仲間の負担をさりげなくフォローし合える関係を築くことができたと思います」

もともと少人数だった部署から退職者が出たあと補充がなかったため、Tさんは一人で経理を担当することになっていました。さらに営業事務や庶務の仕事の負担も増え、もっと経理としてのスキルを伸ばしたいと考えて転職を決意したそうです。

転職に対する希望と不安をエージェントに伝える

Tさんが転職でこだわるポイントは、「経理のスキルアップができることと、不明点は確認できる上司がいる環境」です。
担当エージェントが詳しくお話を伺うと、「一人で経理を担当することに不安を感じていらっしゃいましたが、周囲のフォローがあれば対応できるとお考えでした」。
「また、他人をサポートすることは進んでできるTさんですが、ご自身はやや引っ込み思案な性格を気にされていて、自分を受け入れてくれる社風かどうかを重視されていました」

Tさんの要望を把握した上で、エージェントがご紹介した求人は、不動産業の会社の経理の仕事。経理は一人で担当することになりますが、働きやすい職場環境を心掛けている会社なので、常に周りが気にかけ、フォローしてくれる環境です。
会社側では、日商簿記3級程度の基本的な経理スキルがあれば、あとは面接で人物面を見て決めたいとお考えでした。
「経理だけでなく総務まで担当する必要があることから、求める人物像は『細かい気配りができ、主体的に仕事をしていただける方』。何よりも、社員十数名と少人数であるため、社内の和を大切に考え、社風に合った方をお探しでした」

決算・申告業務は顧問会計士に任せているため、担当するのは支払業務や月次・年次決算補助業務などこれまでに経験のあるものが多いのですが、管理会計という新しいスキルを積めるということで仕事内容にも納得したTさんは、この会社を受けることにしました。

ご本人の資質を生かした最良のマッチングが実現

面接の結果、会社側はTさんのまじめさや、一歩引いて周囲に気づかいのできる性格を気に入って採用が決まりました。
一方、「Tさんは、ご本人が短所と感じていたことを、会社側は長所ととらえてくれたことが入社を決めた一番のポイントのようです。上司となる方に『プレッシャーを感じることはありませんので、仕事は時間をかけてじっくり覚えてください』と声を掛けていただいたことにも安心したとおっしゃっていました」とエージェント。

「求人票だけだと一見マッチしていないように思える求人も、丹念に希望を伺えば実は合っていることも珍しくはありません」と言うエージェント。転職を成功させるには、まずはしっかりとしたプロのヒアリングを受けることが大切といえるでしょう。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、当社に入社。上場企業、IPOベンチャー、大手監査法人・コンサルティングファーム、税理士法人から町の会計事務所まで、さまざまな求人案件及び雇用形態に対応。企業の成長戦略や将来性、ご紹介するポジションのミッションなど、価値ある「情報」をお伝えすることと「信頼」の構築を心掛けている

【専門領域】

・監査法人、コンサルティングファーム
・ベンチャー企業の管理職


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号