社会人経験と実務のスキルがニーズと一致し転職が成功

Y.Hさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
サービス業
職 種 /
経理(決算業務)
年 収 /
420万円

転職後

勤務先 /
サービス業
職 種 /
経理
年 収 /
450万円

POINT この転職のポイント

30代にして経理のキャリアを歩み始める

社会人経験を優先し、入社後に育てる会社の意向とマッチ

SEから経理へとキャリアチェンジして、同じ会社に復帰

IT企業のSEをしていたHさんは、システム開発の仕事に携わる中で数字に興味を持ち、30代にして経理へのキャリアチェンジを決意。退職後、専門学校に通って日商簿記2級を取得し、転職活動をしていたところ、前職の会社から経理職での復職を望まれて再就職しました。
経理の日常業務から月次・年次決算業務、税務申告、資金繰り表作成、原価計算、さらに社会保険関連業務や人事関連業務まで、担当した業務は多岐にわたります。

5年後、さらにキャリアアップするためIPOを目指している会社に転職し、IPO関連業務(業務システム化、内部統制報告制度対応)のほか、法人税・固定資産税申告、監査対応などの業務にも従事。しかしIPOの計画が頓挫したことから、再度転職することを決めました。

エージェントはキャリアを考慮し、社会人経験を優先する会社をご紹介

担当エージェントは、Yさんの転職のポイントを、「30代後半にしてマネジメント経験がないところをどう受け入れていただくかだと考えました」。

30代後半でのスタッフポジションの募集が少ない中、エージェントがYさんにご紹介したのは、社員のほぼ全員が中途採用というサービス業の会社。
こちらの会社では、新入社員でもしっかりと社会人経験のある方を望まれ、マネジメント経験の有無は応募要件にはありませんでした。

今回の求人では、入社後はまず売掛債権管理や預金出納などの実務を担当し、法人税納付、監査対応、税務申告、財務(資金調達)などは入社後時間をかけて習得すればよいとお考えでした。しかし幅広い業務を担当していたYさんには監査対応、税務申告など経験のある業務も多く、会社側の要求を十分に満たしていました。

現在部内に30代後半の社員がいないことから、「そこを埋めてくれる年齢の方なら、なおありがたい」という意向とも合っていました。

実力が正当に評価されること、離職率が低いことに魅力を感じる

Yさんの実務スキルがニーズとほとんど合致していたことから、書類選考の段階でYさんを最有力候補と考えていた会社側は、面接で実直な人柄にも惚れ込み、即決といっていいほどの速さで内定を出してくださいました。

一方Yさんも、面接で「本人の意欲と成長を正当に評価し、実力に応じて早期キャリアアップが可能」と聞き、入社への意欲が高まったとおっしゃいます。社員には長く勤めてほしいとの考えから、年に一度の海外旅行のほか福利厚生も充実し、離職率が非常に低いというのも魅力でした。

最終的に他社からも内定が出たYさんは、一番先に内定を出してくださったことに感謝してこちらの会社を選択したそうです。
30代になって経理の世界へ飛び込んだYさん、頑張った分だけストレートに評価される環境を得て、今後も順調なキャリアを築いていかれるでしょう。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、大手広告系企業にて法人営業を担当。 その後、企業と求職者の『出会い』・『きっかけ』に関わりたいという想いで、ジャスネットコミュニケーションズへ。企業に対しても、求職者に対しても、常に『パートナー』であることを心がけ、スピード感を意識しながら、双方に伴走するスタイルを得意とする。業界は問わず、幅広く対応できるのも強み。

【専門領域】
・事業会社(成長企業など)


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号