ご登録から1年以上をかけて、成長意欲を満たす大手企業へ

N.Iさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
流通業
職 種 /
経理
年 収 /
850万円

転職後

勤務先 /
小売業
職 種 /
経理
年 収 /
940万円

POINT この転職のポイント

自己成長するためチャレンジングな環境を希望

転職の意義を確信できる求人が出るまで待つスタンス

発見した課題を、経理自ら解決に当たるグローバル企業へ

大手企業の連結決算グループ管理職から、新たな可能性を求めて転職へ

現在、大手企業の連結決算グループにて、10人近くを率いるマネージャーを務めるIさん。国内外数百社の連結決算を担当し、開示書類の作成ほかIFRS導入に向けた子会社指導なども行っています。
大学卒業後は半官半民の特殊法人で人事制度の監督・指導ほかの業務に携わっていましたが、7年目に経理職を希望してIT系企業に転職。その2年後に、「今より大手の会社で、規模の大きな仕事に携わってみたい」と考えたことから現職の会社に入社していました。

現状に満足することなく、常に新しい可能性を求めてチャレンジしてきたIさん。入社7年目にして「さらなる経験を積むことによって自己成長を実現させたい」と思うようになったそうです。

チャレンジングな環境が実現する求人が見つかるまで待つ構え

担当エージェントが面談時にIさんからうかがった転職先の希望は、「これまでのスキルを生かしながら、新しいことに携われる環境」。何をやりたいか具体的な考えはまだなく、現在の会社に不満を感じているわけでもないため、エージェントは「妥協することなく、希望にマッチした求人が出るまでじっくり構えましょう」とアドバイス。
大企業から中堅の企業に移ってCFOを目指すことも含め、時間をかけて転職活動することにしました。

定期的に求人のご案内をして1年、Iさんは一件の大手グローバル企業の求人に興味を持ちました。子会社決算業務及び、経理業務全般をマネージメントする人材の募集です。

「大手企業では経理の仕事が分業制になっていて、個人の担当する業務が一部に限定されることも多いものです。
しかしこちらの経理部の業務は部分的ではなく、事業部全体を俯瞰で見渡し、経営に通じる意思決定にまで関与するができるため、チャレンジングな環境という条件に合っていると考えました」とエージェント。

例えば何らかの課題を発見したときに、仕事が縦割りになっている現在の会社の場合、Iさんの仕事は課題を指摘するまでで終わり、解決には別の担当者が当たります。
しかしこちらの会社では、自らが実行計画を策定し、現場に赴いて解決する、という違いがあります。

Iさんはご自身が望む環境の会社だと判断し、応募することになりました。

今の会社でできないことが可能になる、意義のある転職が成功

「Iさんのスキルなら採用の可能性は高い」というエージェントの考えどおり、3回の面接を経て採用が決定。
現職に引けを取らない大手企業に決まったことで、結果的に年収もアップしました。

「転職の意義は、今の会社で実現できないことが次の会社で実現できるということ」と言うエージェント。
「だからこそ、その方にとっていかにメリットのある求人を選び出し、魅力をお伝えできるかが大切です」。

成長意欲の高いIさんに対し、転職する意義の高い求人を絞って提案していたため、1年という時間を要することにはなりましたが、その甲斐あって最適な会社をマッチングすることができました。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号