苦手な面接を克服し、経理としてスキルアップできる環境へ

Y.Iさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
サービス業
職 種 /
経理
年 収 /
450万円

転職後

勤務先 /
サービス業
職 種 /
経理
年 収 /
300万円

POINT この転職のポイント

書類選考は通るものの、面接での不採用が続く

入社時の年収よりも、スキルアップのできる業務内容を優先

人事評価制度により、昇格・昇給のルートを確保できる企業を選択

転職活動を始めたものの面接がうまくいかず、弊社に登録

大阪にある大学を卒業してから2社で経理の仕事に従事してきたIさん。1社目の外資系企業では月次・四半期・年次決算業務、固定資産管理などを担当していましたが、会社の再編で経理部門が東京本社に移管となったことで早期退職制度に応募。

前職となるサービス業の会社には契約社員として入社し、仕訳や伝票処理を担当していました。正社員登用の打診はあったのですが、条件が合わずに辞退されたそうです。

Iさんはこれまでの経験を生かし、経理としてスキルアップできる会社を目指して転職活動を開始。しかし書類選考は通過するものの、面接で不合格になる状況が続いていたことから、相談のために弊社にご登録いただきました。

エージェントは"職務経歴書の背景"を面接で伝えるようアドバイス

担当エージェントはIさんの希望を満たす求人として、大手企業の子会社であるシェアードサービスの会社をご紹介しました。入社後しばらくは契約社員扱いで年収は低いものの、上場グループの子会社一社の経理実務をすべて担当する仕組みになっているため、Iさんの希望する「経理としてのスキルアップ」が確実に実現する会社です。

応募を決めたIさんは書類選考を無事にパス。エージェントは「面接になると緊張してうまく話せなくなる」と悩むIさんと対策を開始しました。模擬面接をしてみると、職務経歴書に書いてある内容をそのままお話しされており、エージェントは「Iさんはとても素直で愛嬌があり、人柄は非常にいいのにもったいないと感じた」と言います。

そこでエージェントは、「会社がなぜ面接をするのかというと、仕事に取り組む姿勢や人柄といった、職務経歴書には書かれていないことを知るためです。これまで経験してきた職務内容を体系的にとらえて、どのような姿勢で仕事に臨み、今後どのように企業に貢献したいのかを整理してみてください。話す内容を準備することで緊張も和らぎます」と提案。アドバイスを実践して面接に向かったIさんは、見事合格することができました。

若い方の転職で一番の強みは、"今のスキル"より"やる気と人柄"

面接でパフォーマンスが発揮できずに採用に至らなかったIさんは、弊社エージェントと一緒に面接対策を行うことで転職を成功させました。

「職務経歴書が書けていても面接ではうまく話せない方、どんなスタンスで臨めばいいのかわからない方もいらっしゃいます。書類選考は通るのに面接で落ちてしまうという方は、ぜひ弊社にご相談ください。転職エージェントが模擬面接などを行い、対応させていただきます」

こちらの会社の正社員登用の条件は、「上場子会社の四半期決算と連結決算業務を一人でできると評価されること」。その評価を得るまでには数カ月かかってもおかしくないのですが、Iさんは入社前から「早く正社員として独り立ちする」と決め、わずか1カ月で正社員に。「その要因は、Iさんのやる気はもちろん、周囲から助けてもらえる人柄も大きかったのではないでしょうか」とエージェントは感じたそうです。

担当エージェント

エージェント紹介

関西圏の不動産マーケットにかかわる仕事に10年以上携わり、その後保険関連の仕事に4年間従事してファイナンス知識を習得。"ご縁が一番の宝物"をモットーに、当時のお客様とは今でもお付き合いが続いている。転職される方のスキルを存分に発揮していただけるよう、一人ひとりの要望に添った案件を紹介している。

【専門領域】
・日系グローバル企業、上場企業、メーカー、管理部門長クラス


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号