若い転職者にとって最大の難関、面接を笑顔で乗り切る!

M.Dさん  20代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
商社
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
放送事業会社
職 種 /
経理
年 収 /
460万円

POINT この転職のポイント

初めての転職、エージェントは面接でのリラックス法をアドバイス

地元の一次選考をパスし、東京本社の最終面接で単身上京

入社までに十分な期間を取り、円満な退職についてもフォロー

初めての転職、最終面接のために単独上京

今回ご紹介するDさんは関西在住で、初めての転職に挑む20代。新卒で商社の経理課に入りましたが、離職率が高く、いつの間にか一人経理に。まだまだ教わりたいことも多くあり、教育体制の整った会社を希望しての転職です。地元支社の一次面接を通過し、東京本社で行われる役員面接のために一人で上京されました。

社会経験も少なく、慣れない土地での面接に緊張されるのは無理もありません。面接時、いかにリラックスして自分を表現できるか、お悩みの方も多いことでしょう。弊社が担当した応募で、書類選考にパスしながら面接でお断りを受けた際にクライアントの採用担当者に話を伺うと、若い方の場合、「緊張されて言いたいことがほとんど言えなかったようですよ」とのお答えが圧倒的に多いのです。

Dさんにお会いした担当エージェントは、自分の思ったことをきちんと言葉にできる今時の女性という印象を受けたと言いますが、「それでも、『私、上がり症なんです』とおっしゃっていて、面接時間が近づいてくるに従って表情に固さが見られるようになりました」。

リラックスのコツは「面接以外のことを考える」

そこでエージェントがアドバイスしたのは、「Dさんのそのまんまを出してもらえばいいんですよ。一次面接をしてくださった現場の方たちが、『この人は明るくていい。ぜひ一緒に仕事がしたい』とおっしゃってくれたから今ここにいるんです。Dさんが素を出せれば相手に嫌われることはありませんよ」。

Dさんは笑みを見せてくれました。そこでもう一押し。
「何か気になるところはないか、その会社をよく見てみてください。例えば、飾ってある額が曲がってないかな?とか、パソコンの下にホコリがないかな?とか何でもいいんです。もし見つかったら、自分がこの会社に入ってそれを直すってことを考えたらどう? 緊張なんか吹っ飛んでしまいますよ」。面接の際、頭の中が面接一色になるから緊張してしまう、だからほかのことを考えることでリラックスできる、というわけです。「面接室に入る前、『そういえば、ジャスネットの人が何か言ってたな』、それだけ思い出してくだされば、もう大丈夫」とエージェント。

不安なことはエージェントに「本音で語って」

見事最終面接もパスしたDさん、年収も約100万円以上のアップとなりました。ところが今度は、「今の会社がなかなか辞めさせてくれそうにありません」。Dさんを頼りにしている直属の上司から強く慰留されたそうです。そこでエージェントはクライアントに掛け合い、入社まで2ヶ月間の猶予をご了承いただいた上で、Dさんには社会人としての引き際をアドバイスし続けました。
「不安に思うことは人それぞれ。こんなことを言ったら恥ずかしいかもしれないなどと考えず、何でも相談してほしい。本気でアドバイスをしますからぜひ本音を打ち明けてください」

担当エージェント

エージェント紹介

大手金融機関一社で営業・営業統括・審査部門を経験し、その後当社に入社。スピーディーでこまやかなフォローはご登録者・企業ともに信頼が厚い。取締役クラスから直接依頼を受ける求人も多く、意思決定者に直接推薦出来るネットワークが強み。

【専門領域】
・外資系企業、金融機関


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号