経験を経て、やりたいことが明確に!第二新卒の転職

Y.Uさん  20代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
映像関連会社
職 種 /
経理、総務、秘書
年 収 /
190万円

転職後

勤務先 /
映像関連会社
職 種 /
経理
年 収 /
300万円

POINT この転職のポイント

経理を含む一般事務から、経理の専門性を高めるため転職を決意

第二新卒としてアピールすべき点をエージェントがアドバイス

現場スタッフとの関わりで知った経理の重要性

20代前半のUさんは、大学を卒業後に入社した映像関連会社で管理部に配属され、経理・人事を含む一般事務を担当。数カ月後にはアシスタントプロデューサーとして制作部も兼務し、さらに社長秘書も任されるなど幅広い仕事に携わってきました。複数部署を兼務したことで、仕事の優先順位をつけて効率よく業務を処理することや、専門外の業務に対しても工夫して取り組む姿勢が身に付いたそうです。

そして入社から1年、Uさんは制作の現場スタッフと関わっていく中で、“安心して働ける職場づくり”の重要性を強く感じるようになりました。「現場スタッフが業務に集中して新しいことに挑戦し、より良いものを生み出していくには、環境を整えることが不可欠です。今までアシスタントだった経理に専念することで、現場を裏からサポートしたいと考えるようになりました」。

経験は少なくても、会社の求める人材像にマッチ

若いUさんですが、担当エージェントがお会いした印象は「質問に対しても的を外さない受け答えのできる頭の回転が速い方で、実際の年齢に思えないくらいしっかりしていらっしゃる。言葉遣い、立ち居振る舞い、礼儀すべてに太鼓判を押せる方。ただし経理に関しては未経験に近いのでそこをどうするかを考えました」。

そこでエージェントがご紹介したのは、お付き合いも長く、どういった人材を求めているかを本音レベルでお聞きしていた会社でした。「経験よりも社風に合うかどうかを重視される会社です。いわゆる“地頭の良い方”を求める傾向があり、面接でけっこう厳しい質問をされることもあります」。エージェントはUさんなら間違いないと自信を持ってご紹介しました。今回の面接でも、経理職としてのコンプライアンス意識を問われる難しい質問をされたそうですが、Uさんはしっかりと自分の考えを発言し、見事採用が決まりました。

第二新卒の転職では「経験から得た資質をアピール」

エージェントいわく、Uさんのような第二新卒のニーズは高まっているとか。若いからこその柔軟性と社会人としてのベースを持ち合わせているというのが企業側から見た魅力です。新卒同様にスキルよりもポテンシャルが問われることが多いそうですが、第二新卒の転職活動で大切なのは、「社会人経験を通した気付きや資質をアピールすること」。
「例えば、営業職に就いている人がまったく未経験で経理職に挑戦する場合でも、営業ならではのコミュニケーション能力であったりフットワークの軽さであったり、仕事の経験を踏まえたプレゼンテーションができるといいですね」

経理という仕事にまい進すべく、簿記3級の試験勉強中に励んでいるUさん。エージェントは「弊社の無料講座もご案内しました(笑)。向上心の高い方ですから、会社の要求に短期間で応えてくれるはずです」。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、東証一部上場企業で27年間勤務。多くの部門で管理職および営業部長職などを歴任し、社内管理から法人営業、システム構築などを幅広く経験。現在は当社エージェントとして事業会社、監査法人、コンサルティングファーム、その他非公開会社、ベンチャー企業、外資系企業も得意としている。

【専門領域】
・商社の事務及び管理系
・日系グローバル企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号