未経験の第二新卒、念願の経理として社会人再スタート

H.Sさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
金融業
職 種 /
営業
年 収 /
250万円

転職後

勤務先 /
サービス業
職 種 /
経理
年 収 /
200万円

POINT この転職のポイント

第二新卒で未経験の経理専門職へチャレンジ

年収は一時的に下がってもスキルが身に付く会社を選択

面接でやる気と素直さをアピールするようエージェントからアドバイス

経理職を希望し、地元から大阪に出て転職活動を開始

Sさんは商業高校出身ということもあり、もともと経理職を希望されていたものの、出身地を盛り上げたいという思いから、大学卒業後は地元の金融機関に入社しました。しかし地元企業への融資業務を行ううちに、経理への思いが次第に大きくなったそうです。そこで再び大阪に出て転職することを決意し、3カ月で退職しました。

担当エージェントに伝えたSさんの希望は、「とにかく、未経験から経理のキャリアが積めること。中小規模の会社で経理を幅広く経験したいが、できれば安定した会社が望ましい」とのこと。

新卒で入社した会社を1年足らずで辞めていることが、転職活動をする上でマイナス要素になることはSさん自身も十分認識されており、応募する会社の業界や業種は問わず、年収も前職を下回ることは覚悟されていました。実際、第二新卒で未経験という条件では、Sさんが希望する事業会社での経理の募集は多いとはいえないのが現状でした。

年収がダウンするものの魅力的な業務内容に応募を決める

エージェントはSさんの希望に沿う求人として、上場企業グループの経理を一手に担うシェアードサービスの会社をご紹介しました。

シェアードサービス会社の中には、分業制で一部の業務だけを受け持つところも多いのですが、こちらの会社では、グループ傘下にある子会社一社の経理業務を一通り担当する仕組み。仕訳入力から、単体決算業務、連結決算業務、税務申告書作成、監査対応まで上場子会社の経理業務にトータルで携わることができるのが大きな特徴です。また、担当会社のローテーションにより、70社以上あるグループの子会社でさまざまな業種の経理を経験することもできます。

ただし入社してしばらくは契約社員で、給与は時給制で年収にすると200万円。前職よりダウンするものの、一時の年収よりも経理スキルの習得を優先したいSさんは、業務内容を魅力的だと感じて応募することに決めました。

一から頑張る姿勢と、第二新卒だからこその素直さをアピールして採用に

こちらの会社には、弊社を通じてすでに数名の方をご採用いただいており、求められる人物像も熟知していたエージェント。面接の際は「元気いっぱいに、『未経験ですので、とにかく一から頑張ります』と言うことが一番のアピールになりますよ」と送り出し、Sさんは見事採用になりました。

「Sさんは、年収を下げてもご自身が成長できる環境に飛び込み、がむしゃらに頑張ることを選択されました。実務経験が全くありませんので、正社員になるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、必ず乗り越えてくれるはずです」

やる気に満ちたSさんは、入社当日、ビルが開かないうちから出社したとか。社員の皆さんは「久々に初々しい若者と出会って気が引き締まる思いがしました」と、エージェントにおっしゃったそうです。

担当エージェント

エージェント紹介

関西圏の不動産マーケットにかかわる仕事に10年以上携わり、その後保険関連の仕事に4年間従事してファイナンス知識を習得。"ご縁が一番の宝物"をモットーに、当時のお客様とは今でもお付き合いが続いている。転職される方のスキルを存分に発揮していただけるよう、一人ひとりの要望に添った案件を紹介している。

【専門領域】
・日系グローバル企業、上場企業、メーカー、管理部門長クラス


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号