幅広い経理業務に携われる東証一部上場のメーカーへ転職

I.Kさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
サービス業
職 種 /
経理
年 収 /
300万円

転職後

勤務先 /
製造業
職 種 /
経理
年 収 /
450万円

POINT この転職のポイント

担当業務が限られていたことから、幅広く経験したいと転職へ

年収大幅アップ・英語が使える・金融業界など様々な条件を希望

エージェントとの面談を経て本当に望んでいる会社像をつかむ

転職でかなえたい希望を検討し、外せない条件だけに絞ることに

大学在学中に公認会計士試験の短答式に合格したKさんは、その後税理士を志して大学院に進学。税理士試験の簿記論に合格したのち、実務経験を積むために現職である大手サービス業の会社に入社しました。

配属されたのは、経理部の中でも主に連結決算を専門に担当する部署だったことから、「もっと幅広い業務に携わってスキルアップしたい、そして年収を上げたい」という思いが強くなり、入社1年ながら転職を決めたそうです。

Kさんは担当エージェントとの面談時、業務内容以外にも「年収は100万円以上アップ」「上場企業」「英語が使える仕事」「金融・証券・保険業界」「自宅から通える」といった希望をお持ちでした。
Kさんは実務経験も浅く、あまり多くの条件にこだわると、応募できる求人は当然ながら少なくなります。

そこでエージェントは、「ご自身の気持ちを整理し、絶対外せない条件だけに軸を置いて求人を探しましょう」と、詳しくヒアリングすることに。
お話を伺っていくうちに、現職より幅広い経理の経験が積めるなら業界にこだわりはなく、英語への志向もそれほど強くはないということにご自身で気付かれ、希望が明確になっていったのです。

とある求人の業務内容に興味を持つが、転勤の可能性が気になる

譲れない条件が明確になり、エージェントは様々な求人をご紹介させていただきましたが、その中でKさんは、全国に工場を持つ東証一部上場のメーカーにご興味をお持ちになりました。
主に連結決算業務を担当するスタッフの募集で、これまで積んできたスキルを生かせるというメリットがあるのはもちろん、現職の会社のように分業化されていないため、連結決算以外の業務にも幅広く携わることができます。

業務内容には興味を持ったKさんですが、現在の自宅からは遠くて通えないこと、さらに数年後は地方の工場に転勤する可能性が高いということがネックになっていました。

若いKさんは実家を離れるという発想がもともとなかったようですが、エージェントの説明を受けて転居も問題ないと判断されました。

そして地方への転勤に関しても、「大手企業に入って今後も昇格・昇給を望むなら、転勤の辞令が出れば従う必要があります。この会社に限らず、総合職とはそういうものだとお考えください」と進言したことで、Kさんは覚悟を決めて応募することにしました。

一次面接と二次面接でアピールしてほしいポイントをそれぞれアドバイス

約40社の連結決算業務を担当していたKさんは、高いスキルを持っていると判断され、難なく書類選考をパスして面接に進みました。

こちらの会社の面接は2回あり、一次は現場の方、二次は役員の方が行います。「アピールしてほしいポイントは、現場の方と役員の方とでは異なります」と、エージェントは面接の対策について具体的にアドバイスしました。
弊社のエージェントは、求人をいただいた会社について、面接の回数やスタイル、求める人材の傾向などあらゆる情報収集に努めています。

Kさんは面接で的確な対応をすることができ、見事採用に。年収も希望どおり100万円以上アップしました。

当初は多くの条件をお持ちだったものの、エージェントとともに幅広い求人を見ながら気持ちを整理し、ご自身に最適な会社と出会うことができたKさん。
親元を離れて初めての一人暮らしを始め、新しい出発に意欲を燃やしています。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号