30歳を前にして正社員として働くことにチャレンジ

N.Yさん  20代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
建設会社
職 種 /
経理(派遣社員)
年 収 /
380万円

転職後

勤務先 /
マーケティング会社
職 種 /
経理
年 収 /
340万円

POINT 転職成功のポイント

30歳を前にして正社員として働くことにチャレンジした

経営の安定性や福利厚生よりも事業内容への「興味」を取った

事業に対する熱意を全面的にアピールして内定を勝ち取る

30歳を目前にしてもう一度正社員に戻りたい

大学卒業後、正社員として2つの組織に勤めた後、派遣社員の仕事をしていたYさん。30歳になるのを目前として、正社員に戻りたいという思いが強くなり、当社にご登録されました。

転職先に対するYさんの希望は、経営が安定していることや残業が少ないこと、そして福利厚生が充実していること。経理職として最前線で活躍してキャリアアップをかなえていきたいというよりは、安定した仕事に就き、プライベートの充実を図っていきたいという考えを持っていました。

「どんな会社で働きたいのか」や「そこでどんな仕事がしたいのか」といった会社や仕事に対する思いが、今一つ不明瞭だったこともあり、私は「苦戦するかもしれないな」と感じていました。

インフルエンサー・マーケティングを手がけている会社

Yさんとの面談を重ねる中で、世の中の新しい動きやエンターテインメントなどの感性が求められるビジネスに関心があることが伝わってきました。そこで、SNSを用いたインフルエンサー・マーケティングを手掛けるスタートアップを紹介。Yさんの反応は予想以上によく、Yさんは同社について積極的に調べ始めました。

ただし、スタートアップの会社であることもあり、経営の安定性は望めません。また繁忙期には残業が多くなることが予想されます。そのため、当初のYさんの希望にはそぐわない部分もありました。そのことをYさんに説明したところ、Yさんは条件面よりも会社の事業内容に引かれ、「ぜひ受けたい」という返事がありました。

経理だけでなく総務や営業サポートも業務範囲内

一方、会社側は「小さな組織なので、経理だけではなく総務や営業サポートについても担当してくれる人」を求めていました。その点、Sさんは「経理のプロとしての道を究めたい」という意識が強くないこともあり、条件に合致。となれば、あとは先方に対して「会社の事業のどんなところに引かれているのか」をアピールしていくのみです。事前の面接対策でもYさんには、その点をしっかりと話せるようにした上で本番に臨むようアドバイスしました。

こうして迎えた面接本番、先方はYさんの熱意を高く評価。そして、Yさんよりも高い経理スキルを持つ応募者がいたにもかかわらず、Yさんが採用されました。

Yさんは今、同社で生き生きと働き始めています。登録者の転職先に関する条件面の希望だけではなく、その方の興味関心や志向性についてもしっかりとヒアリングした上で、適する会社を紹介できたことが、転職成功の決め手となりました。

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号