将来的に経営企画や管理会計に携わることを目指し転職

K.Mさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
会計事務所
職 種 /
経理・税務
年 収 /
400万円

転職後

勤務先 /
コンサルティング会社
職 種 /
経理
年 収 /
400万円

POINT 転職成功のポイント

希望職種に就くために「勤務地」の条件をなくした

経理スキルよりも「志の高い人材」を求めている会社を紹介

不採用が続いていたためエージェントが面接対応をアドバイス

重要な任務で短期間の成長が望める職場を希望

Mさんは、九州在住の30代前半の女性です。国立大学を卒業後、やりたい仕事がなかなか見つからない状態が続いていましたが、ある会計事務所に就職したことが転機となり、クライアント先の経営者とお付き合いするうちに、数字の面から会社の経営を支える仕事をしたいという思いが芽生えました。そこで経営企画や管理会計の業務に携わることを希望して、当社にご登録されました。

Mさんは、すでに30歳を越えていたこともあり、早いうちから重要な仕事をこなして早期に成長を実感したいと考えていました。その希望をかなえるために「勤務地」の条件を譲歩し、全国を視野に転職活動を行うことにしました。

経理スキルよりも志の高い人材を求めている会社を紹介

勤務地にこだわらないことで応募できる求人数は増えたとはいえ、Mさんの会計事務所での職務経験はわずか2年半程度。この経歴では、いきなり経営企画や管理会計の部署に採用される可能性はかなり低いと言わざるを得ません。そこで私は、まずは経理の経験をしっかりと積み、その後経営企画や管理会計に進める道が用意されている会社を探すことにしました。

Mさんに紹介したのは、中小企業向けの経営支援を展開するコンサルティング会社です。同社はIPOに向けて経理部門の強化を図っており、スタッフクラスの人材を求めていました。

私は、Mさんと同社はマッチすると直感していました。同社は人材採用において、経理スキルよりも「中小企業を支援したい」という強い志を持っているかどうかを重視していたからです。その上で、地頭の良い人を求めていたため、まさにMさんにはぴったり。Mさんも同社の事業や理念に強い共感を抱き、応募を即決しました。

気持ちが先走りすぎて不採用に

Mさんは同社に応募する以前に、数社エントリーをしていましたが、不採用が続いていました。その原因は、面接時に「すぐにでも経営企画や管理会計に関わりたい」という思いが前面に出すぎていたことに尽きます。どんな会社に就職するにしても、下積みの期間はあります。そこで私はMさんに「夢や思いを語ることは大切ですが、長期的なビジョンの中でいずれは経営企画や管理会計に携わりたい、といった話し方をするようにしてください」とアドバイスしました。

そして迎えた面接本番。先方の面接担当は、一次はCFO、二次は社長です。一次でCFOはMさんのことを「地頭も良く、志も高い方なので、ぜひ内定を出したい」と高く評価。そして「Mさんのことを社長に推す」と約束してくれました。CFOの後押しもあり、二次面接も問題なく突破し、Mさんは内定を得ることができました。

これからMさんの第二の人生が始まります。まずは今以上に経理のスキルを磨き、いずれは夢を実現していただきたいです。

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号