勤めていた会社が上場廃止。逆境を自己成長のチャンスに

K.Nさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
電子部品メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
400万円

転職後

勤務先 /
IT系メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
420万円

POINT 転職成功のポイント

上場廃止のタイミングでキャリアを再検討し、スキルアップの転職を決意

自身の思い込みだけで決めずに、エージェントのアドバイスを元に判断

上司の性格や社風など、エージェントが情報を提供

上場廃止でキャリアダウンの危機

勤務していた会社が上場廃止になることが決まったNさん。このまま同じ会社に勤め続けると、経理職としてはキャリアダウンにつながるため転職を決意。当社にご登録されました。

Nさんの転職先に対する絶対に譲れない条件は、開示書類の作成や監査対応に携われる上場企業であること。そして、転職を機にさらにスキルアップできる環境であることでした。そのために上司が優秀で教育熱心なこと、スタッフレベルの社員にも比較的裁量権が与えられ、創意工夫しながら仕事に取り組める環境であることも希望に含まれていました。

そんなNさんに紹介したのは、IT系企業の中でも比較的老舗のメーカー。同社では、月次決算レベルの経理業務ができ、将来のリーダー候補になれる人材を求めていました。Nさんのスキルは、先方の条件を十分にクリアしています。またNさんは柔らかい物腰でありながら、言うべきことはきちんと言える性格であり、将来のリーダー候補としても素質があったのです。

上司の性格や社風はエージェントが肌で感じた情報で判断

一方同社は、Nさんの「優秀で教育熱心な上司がいること」「自由な社風であること」などの希望も満たしていました。上司の性格や社風といった文字や数字で確認することが難しい部分については、エージェントが直接会社に足を運び、肌で感じた情報が大きな意味を持っています。この案件も同様です。
私が先方に出向き、マネジャークラスと話す中で判断に足る材料を集めました。集めた情報をNさんに伝えると、「老舗メーカーなのに本当に風通しがいいのか」と半信半疑の様子。そこで私は「だまされたと思ってとにかく面接を受けてみてください」とお願いしました。

社風や業務内容をしっかり認識し、転職先を決定

結果は私の期待通りでした。一次面接の担当は経理課長と人事課長で、経理課長はNさんが転職した際には直属の上司になる方です。Nさんはこの経理課長によい印象を抱き、経理課長もNさんを「スキルは申し分なく、人柄も素晴らしい。将来的にリーダーとして活躍してくれそうだ」と高評価。その後、二次面接もクリアし、Nさんは内定を得ました。

実はNさんには、他にも私から紹介したベンチャー企業の内定も得ていました。Nさんは決めかねているようでしたが、あらためて社風や業務内容の違いを分かりやすく説明し、Nさんの決断を促しました。その結果、Nさんは納得し、老舗ITメーカーへの転職を決意しました。Nさんにとって、満足度の高い転職活動になりました。

担当エージェント

エージェント紹介

エージェント 荻野 望
荻野 望

都市銀行、会計系のソフトウェア会社営業職を経て当社に転職。日商簿記検定1級の資格を持ち、かつては公認会計士の資格取得を目指していた時期もある。経理や会計に関する専門知識を持ったエージェントとして、企業側、登録者側の双方が満足する、より良いマッチングの実現を目指している。

【専門領域】
・IT、人材ビジネス、金融
・ベンチャー企業、上場企業、株式公開準備


経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号