病気でブランクが空いたハンディを乗り越えて転職

F.Dさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
400万円

転職後

勤務先 /
電気機器メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
380万円

POINT 転職成功のポイント

大手税理士法人に入るが病気のため1年で退職

エージェントが長年懇意にしてきた上場企業を紹介

社員の方との面談の機会を設けてお互いの相性をチェック

正社員として再就職を果たすことが最大の目標

Dさんは、大学を卒業した翌年に税理士資格を取得。大手税理士法人に入所しました。ところが働き始めて1年も経たないうちに、職場の人間関係のストレスが重なり、病気になって退職。その後1年ほどの療養期間を経て、再就職を目指して当社にご登録されました。

Dさんは税理士資格を有しているものの、就業期間は1年にも満たず、さらに1年間のブランクもあります。厳しい再就職活動になることが予想されました。Dさん自身もそのことを自覚しており、正社員として再就職を果たすことを最大の目標に設定しました。年収などの条件面はひとまず置いて、受けられるところを受けていく中で、比較検討をしながら考えていくことにしました。

今後のキャリア形成を考えて上場企業を紹介

Dさんに紹介したのは、東証1部上場の電気機器メーカーです。私は以前からこの会社の経理部とは良い関係性を構築しており、先方からは「第二新卒ぐらいの年齢の方であれば、いつでも相談に乗ります」と言われていました。

同社をDさんに紹介しようと思ったのは、何といっても上場企業だったからです。ここで3、4年経験を積めば、「30歳前後で上場企業での経理経験があり、税理士の資格を持っている」という市場価値の非常に高い人材になります。そうすれば、今抱えているハンディを帳消しにすることができます。

Dさんのことを先方にお話ししたときには、正直「断られるかもしれない」と思っていました。しかし「まずは会ってみましょう」という言葉をいただき、面接が設定されることになりました。

体育会系の社風が合うかどうかが懸念事項に

面接は全部で3回。一次面接のDさんの評価は「頭が良くて飲み込みが速そう」と、まずまずのもの。しかし、二次面接では、「線が少し細そうなので、体育会系の社風に合わないかもしれない」という懸念点が出ました。

一方、Dさんも、前の職場では人間関係のストレスが退社の原因になっていただけに、職場の雰囲気が自分に合うかをとても気にしていました。そこで私は、面接とは別にDさんと同社の社員の方が顔を合わせる場を設け、双方ざっくばらんに話してもらうよう提案しました。

これが功を奏し、会社の方は「Dさんなら、うちで十分やっていける」と判断。また、Dさんも「良い人が多く、この職場なら働いていけそうだ」と思えるようになり、同社への再就職が決まりました。

個人個人のキャリアに沿ったプランを提案することは、エージェントの大切な役割です。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、大手予備校で300人以上の生徒指導、校舎運営、スタッフのマネジメント、採用、研修等幅広い業務に携わる。大学受験から転職というより広い視野で人生、キャリアを決定する場面で、一人ひとりの方に最良のキャリアを提案したいと考え、弊社に入社。

【専門領域】
・教育、学校、IT
・株式公開準備、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号