ワークライフバランスと社風重視で不動産会社子会社へ転職

T.Nさん  30代  女性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
大手監査法人
職 種 /
監査
年 収 /
550万円

転職後

勤務先 /
信販会社
職 種 /
経理
年 収 /
500万円

POINT 転職成功のポイント

ワークライフバランスの実現を求めて転職

穏やかで落ち着いた社風の会社を希望

興味がある不動産関係の大手子会社を紹介

過去の職歴から不動産関係の会社を希望

大手監査法人に勤めていたNさんは、残業が多く忙しい日々を過ごしていましたが、ワークライフバランスを整えることができる職場に転職したいという思いが強くなり、当社にご登録されました。また、公認会計士試験の修了考査に合格していないことから、このまま働き続けてもキャリアアップは難しいという考えもありました。

Nさんが転職先として一番興味を惹かれたのは、不動産関係の会社。以前、派遣社員としてマンションギャラリーの受付業務を経験したことがあり、その時に接した不動産関係の社員が、とても穏やかで気遣いのできる人が多く、よい印象を抱いていたからです。

比較するためさまざまな不動産会社の社風を説明

ただし必ずしも「不動産会社=穏やかな人が多い」というわけではありません。中にはアグレッシブに数字を追っていく社風の会社もあります。そこでNさんには、いくつかの不動産関連会社を示した上で、各社の社風について説明しました。

その中でNさんに紹介したのは、大手不動産会社系列の信販会社です。この不動産会社グループは穏やかな人が多く、社員の自主性を尊重する傾向があり、紹介した信販会社は不動産手続きで必要となる金融商品を取り扱っています。同社は親会社からの出向者も多く、社風も親会社と似ているためNさんの希望と合うのではないかと判断しました。
偶然にも同社の親会社は、Nさんが派遣社員時代に仕事をしたことがある会社だったこともあり、応募に前向きでした。

登録者の要望に寄り添いエージェントが会社に交渉

面接は2回ありました。一次面接は経理部長と課長、人事部長が、二次は社長がご担当でした。一次では、これまでのNさんのキャリアや人柄に関する質問が多かったようです。しかし、Nさんは、入社後の希望として「一定のキャリアアップは目指したいが、役員にまではなりたくない」という発言をしてしまい、それが「上昇志向がない」と判断され、人柄やスキルについて高く評価を受けながらも、採用に難色を示されてしまいました。

そこで私から会社側に「上昇志向がないわけではなくて、課長職や部長職については、ぜひ将来経験してみたいという気持ちをお持ちです」と伝えるなど、懸念点の払拭に努めました。
また一方で、Nさんのさまざまな疑問や不安に寄り添い、会社側へのフォローや交渉を行いました。
例えば関西圏での勤務希望に対し、入社後の勤務地がどうなるのか、また転勤の可能性についてなどです。諸々のフィードバックを経て迎えた二次面接も通過し、無事内定を得ることができました。

登録者の方の「ワークライフバランスを整えたい」と「興味のある業界で働きたい」という2つのご希望を叶えることができ、私自身にとってもうれしい転職事例となりました。

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号