転職活動をしながらキャリアビジョンを描いていく

T.Sさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
監査法人
職 種 /
監査
年 収 /
650万円

転職後

勤務先 /
保険会社
職 種 /
経理
年 収 /
700万円

POINT 転職成功のポイント

キャリアビジョンを描くためにも、まずは転職活動という一歩を踏み出した

エージェントともに、入念な面接対策をした

やりたい仕事を入社後に選択できる会社を選び、自分の可能性を試すだけの価値があるかを見極めた

公認会計士としてどんなキャリアを積み上げていくべきか

Sさんは大学在学中に公認会計士論文式試験に合格。大学卒業とともに大手監査法人に就職し、約8年間働いてきました。次第にマネジメント的な仕事が増えていく中で、今後公認会計士としてどのようなキャリアを積み上げていくべきか、考えることが多くなりました。

公認会計士の場合、監査を経験した後にアドバイザリー業務に就く人と、一般事業会社に転職して経理職に就く人に大きく分かれます。Sさんは、どの道を進むか定まっておらず、転職活動をしながらキャリアビジョンを描いていくために、当社にご登録されました。

一歩を踏み出することで見えてくるものがある

Sさんと面談をするうちに分かったのは、会社の経営企画やM&A関連の業務に興味を持っていること。そこで、そうしたキャリアプランを実現することが可能な事業会社を紹介することにしました。実際に転職活動をスタートしてみると、描いていたキャリアビジョンがしっくりこなかったり、より魅力的なキャリアプランが見つかったりすることがあります。しかし、まずは一歩を踏み出すことが大切なのです。

Sさんに案内したのは、マザーズに上場しており、今後は一部上場を目指している保険会社でした。同社の特徴は、入社後に経理、財務についての一定の経験を積んだ後は、本人がやりたい仕事についての希望を出せば、その希望が比較的通りやすいこと。Sさんのように自分の方向性がまだ絞り切れていない人にとっては、自分のやりたいことを働きながら絞り込んでいくことが可能な環境の方が良いと判断しました。

自分の可能性を試すだけの価値がある会社かどうか

Sさんは、今回が初めての転職活動でした。そこで、面接対策は入念に行いました。想定される質問を列挙した上で、これまでどんな姿勢で仕事に取り組み、なぜ転職することにしたのかを、論理的な破綻がなく一本のストーリーとして語れるように、一緒に準備していきました。

こうして迎えた面接本番、先方の評価は上々。面接後、先方の担当者から、「実績も十分であり、カルチャーも合いそうです」とコメントがありました。同社は穏やかな性格の社員が多く、その社風とSさんの性格がマッチしたものだと思います。一方Sさんも会社側に好印象を抱いており、「自分の可能性を試してみるだけの価値がある会社だと確信しました」という力強い言葉をいただきました。同社は中途社員の定着率が高いことも、安心材料の一つになったようです。

Sさんが公認会計士としてのキャリアを築いていく上で、重要な転職になったと感じています。

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号