事業会社での内部監査を極めるために転職を決意

I.Rさん  40代以上  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
小売業
職 種 /
内部監査
年 収 /
810万円

転職後

勤務先 /
不動産業
職 種 /
内部監査
年 収 /
810万円

POINT 転職成功のポイント

内部監査全体に関わることができる会社を求めるなど、転職の目的を明確化

英語力などの「強み」を高く評価してくれる会社を探した

登録者の長所を引き出す面接を実現

内部監査業務の全体を経験できる会社で働きたい

公認会計士であるRさんは、大手監査法人に15年近く勤めた後に事業会社へ転職。内部監査部門に配属になり、約5年間働いてきました。

その会社の内部監査部門は10名前後のスタッフがおり、スタッフごとに割り振られる業務が細分化されていました。そのためRさんは次第に「内部監査全体を俯瞰し、実際に関わることができる会社で働きたい」と考えるように。そこで転職を決意し、当社にご登録されました。

こうして転職活動を開始したRさん。40代の公認会計士となると、会社側は組織の中核となって働いてくれることを期待します。ところがRさんは自己アピールがあまり得意ではなく、その点が「頼りない」と見なされ、不採用が続きました。

年収や休日数が少ないため採用に苦労していた会社を紹介

Rさんに紹介し、内定が得られたのは、東証一部上場の不動産会社です。同社は規模的には不動産業界の中でもトップクラスなのですが、他の上場企業で働いている公認会計士と比べてさほど年収が高くなく、年間休日数も少なめに設定されていました。そのため内部監査を任せられる優秀な公認会計士を採用できずにいました。

同社であれば、内部監査業務全体に幅広く関わることができます。そこで、Rさんも応募することにしました。

登録者の長所を引き出す面接を実現

同社では近年海外進出を進めており、英語力のある人材を求めていました。そこで私は、面接前に先方に「Rさんは自己アピールが苦手ですが、総合的に能力が高く特に英語が堪能である」と伝えておきました。その結果、英語力に優れた公認会計士を採用したいと考えていた先方は、Rさんの長所を上手に引き出す面接を実施。

その面接において、Rさんは英語力が高く、転職先を次々と変えずに一定の会社に長く勤めることもできる人材として高く評価され、最終面接まで進みました。

一方、Rさんも面接が進むにつれて自信が付き、自身のことを上手にアピールできるように。そして最終面接も無事突破し、内定を勝ち取ることができました。Rさんは、最終面接直前に「この会社であれば自分を鍛えられそうです」とおっしゃっていました。新しいステージでのRさんの活躍と成長を期待しています。

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号