更なるアジア展開の強化に注力しているグローバルな上場企業に就職

K.Oさん  20代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
無職(大学院生)
職 種 /
――
年 収 /
――

転職後

勤務先 /
製薬会社(東証一部)
職 種 /
経理(スタッフ)
年 収 /
360万円

POINT この転職のポイント

中国出身の方で日本企業への就職を希望して当社にご登録

華僑との交渉ができる中国人人材を求めていた会社を紹介

文化の違いから、認識の行き違いがあり面談の場を設定

中国に帰国して就職活動をするも、日本企業で働きたいと考え再来日

Oさんは中国出身の方になります。中国の大学卒業後、中国の監査法人に1年間勤めた後、日本の国立大学の大学院に進学。修了後は中国に戻って就活をしたものの、日本企業で働きたいという思いが強くなり再び来日。就職活動の中で当社にご登録されました。

中国でビジネスを展開している事業会社を第1志望として考えており、ご自身の経験から海外部門を持つ監査法人も検討していました。

Oさんはイギリスや中国の公認会計士資格を持っていましたが、難関資格とはいえ日本では認知度が低く、また監査経験も少ないため評価になかなか繋がりづらく、弊社に登録するまで苦戦をされていました。ただ、これだけの資格を持っているということは、会計や経理に関する基本的な素養があることの証となります。そこでOさんのポテンシャルを前面に出し企業にご紹介するようにしました。

中国人の採用に苦戦をしていた担当者

私がOさんに紹介したのは、アジア圏の展開の強化を検討している大手製薬会社でした。商圏の拡大にあたって、現地で暮らす華僑の方との交渉が不可欠となるため、中国人の人材を求めていました。Oさんも「経理の枠組みにとどまらないスケールの大きな仕事ができそう。日本人と中国人の橋渡し役にもなれる」と、同社に強い興味を抱かれました。

一方、同社の採用担当者は、外国籍の方を採用することに慣れておらず苦戦をされているご様子でした。特に苦戦をしていたのが年俸交渉の部分で、タフな交渉が必要となる場面が多く、慣れていない採用担当者は参っていました。内定を出しても、スキルが高いからこそ、年収も高くなりそれだけ交渉がハードで折り合わず、結果としてご辞退というのが続いたようです。

そこで私は「Oさんは非常に謙虚で機微が読める方です。考え方の根本が日本人に非常に近しいです」と伝えました。先方が望むスキルには足りてないものの、人物面、ポテンシャル面を期待され面接を実施いただきました。結果として、Oさんのお人柄、ポテンシャルが高く評価され、採用担当者から「採用したい」との返答をいただきました。

カルチャーギャップを埋めていく作業

最終的な条件を詰める段階で、認識の行き違いが起きていることが判明しました。Oさんが面接の時に「転居はしたくない」と答えたため、会社側は通常の総合職ではなく、転勤を伴わない正社員(得正社員)として、ご希望を汲む形で内定をだされました。ところが、中国の企業では「転勤」が一般的ではないため、Oさんは面接の時にはよく分からないまま「転居はしたくない」と答えていたそうです。

そこで面談の場を設定し、担当者からOさんに対して、特定社員制度や転勤についての説明をしてもらうことにしました。私も同席しできる限りフォローしました。それでようやくOさんも制度を理解され、ひとまず日本での就業に慣れるまでは特定社員とし、機をみて総合職に移行するということで合意しました。

このように国籍が違えば常識も異なり、さまざまなカルチャーギャップが生じます。こうした意識の隔たりもできる限り埋めていくことも私たちの役割であると考えています。

担当エージェント

エージェント紹介

地方大学を卒業後、教育業界に携わり、一旦は独立。その中で企業の資産は人であると考え、弊社に入社。求職者だけでは見つけられない道も含め、包括的に提案することをモットーにして、企業と登録者に新しい視点を提供している。

【専門領域】
・メーカー(電気、電子、半導体)
・海外展開あり(日系グローバル企業)


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号