豊富なスキルと経験を生かして経理課長にキャリアアップ

M.Tさん  40代以上  男性  
経理

転職前

勤務先 /
軽金属メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
400万円

転職後

勤務先 /
不動産賃貸業
職 種 /
経理
年 収 /
500万円

POINT この転職のポイント

責任相応の役職と手当が付く会社を求めて転職

経理課長としての即戦力を求める会社を紹介

採用を即決したくれたことに心を動かされ、入社を決意

マネジメント業務に就いているが管理職の肩書き無し

Tさんは社員数300人ほどの中小企業で、経理部門のスタッフをまとめるマネジメント業務に就いていました。しかし、Tさんには管理職の肩書きは無く、給料も一般社員の時のまま。Tさんは、責任相応の役職と手当が付く職場を求めて、当社にご登録されました。

Tさんは前職の会社では年次決算や税務申告にも携わっており、未上場の経理職としてはスキルも経験も申し分ありません。また自分の考えを理路整然と伝えられるコミュニケーション力もお持ちの方でした。年齢は40歳を超えていましたが、Tさんのような人材であれば手を挙げる会社は多くあります。

先方が求める条件をすべて満たすTさん

そうした中でTさんに紹介したのは、創業から50年を迎える不動産の賃貸業を営む会社です。同社は経理課長が抜けてしまったため、欠員を埋める必要がありました。求めていたのは、経理スキルとマネジメント経験が豊富で、即戦力として活躍できる人。また経理チームの中には年輩の従業員も在籍しているので、年上のスタッフについてもうまくまとめられる人を希望していました。Tさんは前職の会社でも、年上のスタッフが部署にいたので、その点でも問題ありません。まさにTさんに適した案件でした。

また同社の社長は税理士資格を持っており、経理職に求めるレベルが非常に高く、最後の社長面接の場面でこれまで何人もの転職希望者が不採用になってきました。そこで同社は、社長の要求レベルをクリアできる方をずっと探していました。

面接後、その日のうちに採用の連絡が届く

社員数が少ない中小企業の場合、社長との相性が重要になります。特に経理課長として入社するTさんの場合、社長と折衝する場面が数多く出てくるわけですからなおさらです。面接は、双方の相性を探る大切な場となりました。 社長はTさんのことを非常に気に入った様子で、その日のうちに採用のご連絡をいただきました。

一方、Tさんも社長に好印象を抱いたようです。加えて採用を即決してもらえたことが心に響いたようでした。当初は、他にも進んでいた選考の結果を待ってから最終的に決断する予定でしたが、翌日には「この会社に決めました」とTさんの方から連絡が届きました。

先方の会社から求める人材についてのニーズをしっかりと聞き出せたことが、Tさんと同社のマッチングの成功につながったと思います。Tさんに対する評価は入社後も高く、同社からは「即戦力として活躍しています」という声をいただいています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、広告代理店勤務を経て塾講師に。その後、「このまま塾で社会に出ていく若者を育てるのもいいが、社会人がキャリア形成に悩んだときに、よりよい選択のお手伝いができないだろうか」また「自分がまだ知らない多くの企業と接点を持つことはできないだろうか」と考え、転職エージェントにキャリアチェンジ。登録者には納得度の高い転職をしていただくために、情報を包み隠さず正確に伝えることをモットーとしている。

【専門領域】
・IT、メーカー(電気、電子、半導体)
・ベンチャー企業、上場企業、株式公開準備


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二