上司との人間関係に悩み、長く働ける職場環境を求めて転職

A.Kさん  20代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
コンサルティング会社
職 種 /
経理
年 収 /
290万円

転職後

勤務先 /
金融情報サービス会社
職 種 /
経理
年 収 /
320万円

POINT この転職のポイント

上司との人間関係に悩み転職を決意

上場企業で若手にも仕事を任せる会社を紹介

エージェントが転職先の雰囲気を伝え不安を解消

機嫌が悪いとすぐに部下を怒鳴り散らすモラハラ上司

あるコンサルティング会社に勤務していたKさん。転職をすることにした一番の理由は、上司のモラルハラスメントが目に余ることでした。その上司は機嫌が悪いとすぐに部下を怒鳴り散らし、気に入らない部下に対して何カ月も口を利かないこともあったといいます。「こんな職場に居続けることはできない」とKさんは転職を決断しました。

Kさんは、幅広い業務を経験でき、長く働ける職場環境を希望していました。また前職の会社では、比較的責任の重い仕事を任せられていたため、若手に対してもある程度の裁量権を与えてくれる会社を希望していました。
ちなみに前職の会社は未上場でしたが、KさんにはIPOの準備に携わった経験があります。また日商簿記検定1級もお持ちで、転職市場での市場価値はかなり高い方だといえました。

過去の面接での質問内容を情報提供する

幅広い業務を経験したいということならば、開示業務や連結決算業務などにも携われる上場企業が適しています。ただし上場企業でも、組織の規模が大きすぎると若手にはなかなか裁量権が与えられないというデメリットもあります。

そこでKさんに紹介したのは、ある金融情報サービスの会社でした。この会社は上場企業でしたが、経理部の社員数はマネージャーも含めて3人と少数精鋭の組織だったため、若手でもいろいろな仕事を任されます。
Kさんは明るい性格で、コミュニケーション力も高かったため、面接はほとんど心配していませんでした。同社には、過去にも経理職の方を採用していただいた経験がありましたので、その時の情報を基に、過去の面接ではどのような質問がされたかをKさんに伝えました。

面接は何の問題もなくトントン拍子で進みました。先方のKさんへの評価は抜群に高く、Kさんもまた会社の雰囲気を気に入った様子でした。

その会社のことをよく知っていたからこそ自信を持ってお薦めできた

ただしKさんは、前職の会社を辞めることになった一番の理由が上司のモラルハラスメントであったことから、「今度の職場は本当に大丈夫だろうか」と、最後まで気にされていました。私は以前にジャスネットの紹介で入社された方からも、「上司はとても穏やかで、なおかつ指導力もある方です」という話を伺っていました。また私自身も上司の方とお会いした時に、同様の印象を受けました。そこでKさんに「普段も面接の時のままの雰囲気の方です」とお伝えしました。

Kさんが不安を抱いている中で、私が自信を持って同社を推すことができたのは、普段から会社の方々と信頼関係が築けており、そのことをよく知っていたからです。Kさんは今、この会社で働き始めて数カ月になります。会社からは「非常に優秀で、頑張ってくれています」という話を伺っています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、医療系専門商社で営業職として3年間勤めた後、エージェントに転職。業種を問わず、主に中小企業を担当。採用のミスマッチが起きないように、企業側に対しては登録者の人柄を、登録者に対しては会社の雰囲気を細かに伝えることを心掛けている。また採用決定後のアフターフォーローも大切にしている。

【専門領域】
・中小企業全般


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号