7年間のブランクを経て、専業主婦からの仕事復帰を実現

K.Kさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
無職
職 種 /
――
年 収 /
――

転職後

勤務先 /
経理・人事代行会社
職 種 /
経理
年 収 /
230万円

POINT この転職のポイント

アメリカの大学を卒業後、経理職に就くものの、結婚のため退職

離婚を機に専業主婦から7年ぶりに仕事復帰

ポテンシャルの高さをアピールポイントに転職活動を展開

子育てをしながら、経理のスキルを活かせる職場を希望

Kさんはアメリカの大学を卒業し、帰国後は派遣社員として2年間ほど大手上場企業の連結決算チームで働いていました。その後、結婚を機に退職。九州に移り住み、専業主婦として暮らしていました。
ところが、7年間の結婚生活にピリオドを打ち、離婚をされることになりました。Kさんは、お子さんを養うためにも働く必要があり、仕事復帰を目指してジャスネットにご登録されました。

Kさんの転職先に対する希望は、子育てのために自宅から通うことができ、経理のスキルを活かせる職場というもの。学童保育に預けているお子さんを、毎日夕方6時には迎えに行かなくてはいけないため、残業ができないという条件もありました。

今はスキルが落ちているかもしれないが、働き始めればすぐに取り戻せる

Kさんはアメリカの大学を卒業し、2年間とはいえ連結決算の経験もあります。英語力や経理スキルについて、それなりのスキルをお持ちだったはずです。問題は、7年が経過する中で、そのスキルがどの程度残っているかということでした。Kさんに尋ねてみたところ、英語についてはその後ほとんど使っていないようでした。またパソコンはExcelで家計簿をつける程度にとどまっていました。7年間のブランクはやはり大きそうでした。

しかし、Kさんは非常に賢く、明るくてコミュニケーション力がある方だと感じました。そもそも大学卒業後、社会人経験がない状況で大手上場企業に派遣されたのは、Kさんの高いポテンシャルが認められてのことだと思います。落ちているスキルも、すぐに取り戻せると判断し、求人企業に対して、その点を伝えていくことにしました。

書類審査に通るかどうかが勝負

私が紹介したのは、経理や人事管理のアウトソーシングサービスを手掛けている企業です。クライアントの中には海外で事業を展開している企業もあるので、英語力を活かす機会もあります。

今回のケースは、書類審査に通るかどうかが勝負だと考えていました。そこで、Kさんが応募書類を提出した後、私はすぐに先方の採用担当者に「7年間のブランクはあるが、働き始めて慣れてくれば、必ず活躍してくれます」とアピールしました。同社は、私がこれまで何人も人材を紹介し、先方との間に信頼関係が築けていたこともあり、面接を設定していただくことができました。

面接の結果は大成功でした。先方はKさんのことをとても高く評価し、Kさんは内定を獲得することができました。残業ができないという事情も受け入れていただき、Kさんは仕事と家庭を両立されています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、当社に入社。上場企業、IPOベンチャー、大手監査法人・コンサルティングファーム、税理士法人から町の会計事務所まで、さまざまな求人案件及び雇用形態に対応。企業の成長戦略や将来性、ご紹介するポジションのミッションなど、価値ある「情報」をお伝えすることと「信頼」の構築を心掛けている

【専門領域】

・監査法人、コンサルティングファーム
・ベンチャー企業の管理職


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号