九州在住の登録者が、地方銀行から地元企業に転職

S.Yさん  20代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
銀行
職 種 /
事務
年 収 /
320万円

転職後

勤務先 /
経理・人事代行会社
職 種 /
経理
年 収 /

POINT この転職のポイント

地元の地銀に勤務していたが、将来性などに不安を感じて転職

条件面だけでなくキャリアパスについてもエージェントが情報提供

さまざまな経験を積めることに魅力を感じて、転職先を決定

地元企業の求人をジャスネットのホームページで見て登録

Yさんは九州地方に在住の方で、地元の国立大学を卒業後、地方銀行に就職。預金事務や出納事務を担当していました。ところが、営業職への異動の可能性が出てきたことと、地方銀行は経営の厳しさから近年離職率が高まっており、長く働き続けるのが難しいという気持ちが強くなったことで、転職活動を始められました。

ジャスネットにご登録されたのは、ある地元企業の求人を当社ホームページで見つけられたことがきっかけです。その時点では、まだ転職への決心がついていなかったこともあり、相談を兼ねての登録でした。

地方在住の方が地元で転職活動を行う場合は、地域の人材紹介会社やハローワークを活用するのが一般的だと思います。ジャスネットは、会計、税務、経理・財務分野に特化した人材紹介会社として、転職市場の状況や求人企業に関する情報を個別により深くお伝えできる点が強みです。

転職することよりも、キャリアにプラスになるかが重要

Yさんが当社に問い合わせをされた求人企業は、経理や人事管理のアウトソーシングサービス会社です。現在人員拡充を行っており、若手であれば経理の経験が浅くても積極的に採用したいとのことでした。Yさんの場合は、銀行で数字を扱ってきた経験があり、要点を押さえながら分かりやすく話せるコミュニケーション力もありました。Yさんなら、きっと内定を得られるだろうと思っていました。

そこで大切になるのが、私からYさんに適切な情報を提供することによって、Yさんのキャリアにとって本当にプラスになるかどうかを、ご自身で判断してもらうことです。

年収や業務の内容、今後のキャリアパスを説明

まず年収面は、約100万円のダウンになるとお話ししました。地方銀行の賃金水準と比べれば、どうしても年収ダウンは避けられません。Yさんも少し驚いている様子でしたが、納得をされた上で、その年収で生活が成り立つかどうかを検討してもらうことになりました。

業務面では、最初は経理のアウトソーシングの実務からスタートしますが、やがてはメンバーをとりまとめるチームリーダーへと昇進したり、場合によっては自社の経理担当や管理部門への異動の可能性があることを説明しました。また同社の親会社は東京に本社があるため、東京への異動の道もあるということを伝えました。

Yさんは、さまざまな経験を積める可能性に魅力を感じ、応募を決定。書類選考、面接と順調に進み、内定を得ることができました。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、当社に入社。上場企業、IPOベンチャー、大手監査法人・コンサルティングファーム、税理士法人から町の会計事務所まで、さまざまな求人案件及び雇用形態に対応。企業の成長戦略や将来性、ご紹介するポジションのミッションなど、価値ある「情報」をお伝えすることと「信頼」の構築を心掛けている

【専門領域】

・監査法人、コンサルティングファーム
・ベンチャー企業の管理職


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号