2度目の挑戦で税理士事務所から事業会社へ転職

M.Yさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
税理士事務所
職 種 /
税理士補助業務
年 収 /
340万円

転職後

勤務先 /
デザイン会社
職 種 /
経理
年 収 /
360万円

POINT この転職のポイント

税理士事務所での補助業務から、事業会社の経理職へ転職

人柄重視で採用を行っているデザイン会社の求人に応募

面接で入社後にやりたいことをアピールし内定を獲得

補助的な仕事から働ける即戦力を求める中堅・中小企業に狙い

Yさんはこれまで2つの税理士事務所で、計4年ほど税理士補助業務に従事してきました。当社にご登録されたのは、事業会社の経理職への転職を希望されてのこと。1つ目の税理士事務所を退職された時も、事業会社への入社を目指して転職活動を行っていたとのことですが、その時は経験年数の短さがネックとなり、かなわなかったようです。そこで、別の事務所で経験を重ね、今回再チャレンジすることになりました。また、事業会社を希望していたのは、会社の内部で社員として経理に携わりたいという思いからです。

Yさんは、あくまでも補助という立場ではありましたが、月次決算や申告書の作成業務の経験が豊富だったため、補助的な仕事から即戦力で働ける人材を求めている中堅・中小企業の求人を紹介しました。

定型業務が中心になるため、スキルの向上は望みにくい

そこでYさんに紹介したのが、あるデザイン会社です。その会社は、私が以前にも他の登録者の方を紹介して面接まで進んだことのある会社です。その時は、先方から「少しおとなし過ぎるため、当社の社風とは合いません」との判断で不採用となってしまいました。この経験から、明るく活発な方を好む社風であることが分かっていました。Yさんは、明るく、人当たりがよく、活発な方でしたので、同社の求めにマッチすると判断しました。

だだ、一点だけ心配な面がありました。それは、入社後は定型業務が中心となるため、スキルアップやキャリアアップを望む方には少々物足りない職場だということです。Sさんは、事務所から事業会社への転職を希望されているわけですから、向上心をお持ちのはずです。Yさんは応募はしたものの、面接を受ける時点では、この会社に対する志望度はそれほど高くないご様子でした。

転職成功の要因は、希望を正直に伝えたこと

Sさんは、私が思っていたよりも積極的な方でした。面接でSさんは、「予算管理の業務などにも携わりたい」という希望を、先方に伝えたのです。すると、先方は「実は予算管理を任せられる方がいればいいなと思っていました。大いにやってください」という流れになり、このやりとりをきっかけにYさんの志望度は一気に高まったようです。先方もYさんの積極的で明るい人柄や意欲に引かれたようで、内定が出ました。

このケースの成功の要因は、Yさんが自分の希望を正直に伝えたことにあると思います。もちろん先方に受け入れてもらえない可能性もありましたが、無理に会社側の要望に自分を合わせようとすると、内定が出たとしても、入社後に苦しい思いをすることになります。Yさんは今、新しい会社で生き生きと働かれています。今後、会社の中心戦力となっていくことを期待しています。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号