20代後半、ほぼ社会人未経験で上場企業に転職

S.Sさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
通販会社
職 種 /
経理、財務
年 収 /
200万円

転職後

勤務先 /
アパレル会社
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

POINT この転職のポイント

公認会計士を諦め、社会人経験1年未満の経歴で転職活動を開始

志向を定めるため、さまざまな会社を受ける

エージェントが面識のあった採用担当者にかけあい、面接をセッティング

友人の会社に就職したものの、事業は安定せず

Sさんは公認会計士を目指し、大学卒業後も就職せずに勉強を続けていました。しかし6年経っても合格できなかったことから、資格取得を断念し、税理士法人に入社しました。ところが、働き始めた直後に友人から「起業するので手伝ってほしい」と誘われて退職、通販会社の経理や財務全般を担当することになります。

事業がうまくいっていないことは入社してからわかり、約束していた額面通りの給与が支払われない状態が何カ月も続きました。そこで、再転職を決意し、ジャスネットにご登録されました。

安定志向ながらベンチャー企業にも興味を示す

Sさんの転職先に対する希望は、友人の会社での苦い経験もあり、年相応の年収が確保できる会社というものでした。きちんとした会社に就職しなくてはという焦りもあったのでしょう。それ以外の希望は定まっていないご様子でした。弊社登録時にアンケートへ記入していただいたところ、老舗企業や安定企業を希望するなど安定志向ながら、一方でベンチャー企業でチャレンジしたいという思いもお持ちでした。

ある程度の社会人経験を積んだ方であれば、ご自身の適性や志向性を把握できており、このようなことは起きません。でもSさんの場合は、ほとんど新卒に近い状態です。そこで、さまざまな企業を受けてもらう中で、ご自身の志向性を定めていただくことにしました。

公認会計士の試験勉強で得た知識を活かす

Sさんには、上場企業も紹介しました。公認会計士試験に合格こそできませんでしたが、公認会計士に必要とされる知識は、ある程度身についていると考えたからです。知識を生かして実務のなかで成長していきたいという意欲を伝えられれば、人柄重視の企業に評価されます。私が紹介したアパレル関連の上場企業は、まさに人柄重視の社風でした。
私は同社の採用担当者と面識があったため、Sさんの面接を設定していただくことができました。当日は私も同席し、公認会計士の試験勉強で得た知識についてアピールしました。

Sさんは無事内定を獲得し、現在同社で働いています。本社ではなく、他社との共同出資で設立されたジョイントベンチャーの会社に配属になり、経理の仕事をしています。結果的にSさんは、収入の安定と同時に、ベンチャー企業で働きたいという思いもかなえることができました。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号