勤務年数の短さが不利となる中、転職を成功させる

Y.Kさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
300万円

転職後

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
340万円

POINT この転職のポイント

職場の人間関係に悩み、転職を決意

勤務年数の短さと転職回数の多さで転職活動が難航

エージェントが税理士事務所の代表にお願いし、面接の場を設定

1年余の勤務経験の中で職場を2度変える

Kさんは、大学卒業後に就職した会社を病気のために1カ月で退社。税理士事務所に再就職したものの、職場の人間関係に悩み、職場環境を変えたいという理由で当社に登録されました。

少人数の事務所に勤務されている方の中には、代表との相性や人間関係のトラブルが原因で転職することはよくあります。ただ、Kさんが通常のケースと異なっていたのは、社会人経験が1年余りと短く、しかも今回が2度目の転職になるということでした。

税務や会計の専門性を磨くために、事務所への転職を希望

Kさんご自身は、税務や会計の専門性を磨きたいという意思があり、引き続き税理士事務所や会計士事務所への転職を希望していました。ただし、医療法人向けの会計士事務所など特化型の事務所はではなく、業務をまんべんなく経験できるところが良いとのことでした。

転職に当たってネックになったのは、やはり経歴でした。募集条件に「経験は問わず、若い人を希望」とあっても、実際は多くの事務所が、履歴書に書かれた前職での勤務年数を見て、採用をためらってしまうのです。Kさんは大変不利な状況にあるといえました。

「チャレンジの機会だけでも与えてあげてほしい」と直訴

そこで私は、普段から親しくさせていただいており、若手の人材を募集していたある税理士事務所の代表に直接お会し、Kさんのことを紹介しました。そして、「伸びしろがある人材です。一度会っていただけませんか」とお願いしたのです。
当初、代表は、これまでの勤務年数の短さを挙げ、すぐに辞めてしまうのではないかと、難色を示していました。

私は「Sさんはやむを得ない事情があり辞められたのです。書類だけではSさんの良さはわかりません。一度会ってご判断ください」と再度お願いしたところ、「そこまで言うのなら」と面接の場を設定していただくことができました。
こうして迎えた面接は大成功。「真面目そうで良い方です」と、代表はKさんのことを気に入りました。

Kさんのように、面接までたどり着けば評価してもらえる可能性が高いのに、経歴がネックとなり、なかなか書類選考が通らない方がいます。そのような時も、さまざまな工夫で面接まで持ち込むのが、エージェントの役割だと思っています。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号